2020年01月13日

語らいの一杯、後感の一杯

F08027A7-AC0C-4926-B245-00707F2157BC.jpg

自宅にて、観劇や銀座のことを話しながらの一杯、独りでもう一杯全ての電気をかなり落とし一つ二つで静かに一杯です。
飲みたくない時は紅茶やお茶🍵でそうする場合も。

フランスのシャトー系を年末に買いました、その3分の一ぐらいのさらに半分くらいかな。
おやすみなさい⭐🌙💤




東京宝塚劇場ロビーのピアノ

CCF28202-71F6-45E5-85DD-66BA347D8A3B.jpg


綺麗な音色、ここに来ると別な意味でホッとします。




東京宝塚劇場

久しぶりに銀座に出てきました。
東京宝塚宙組を観劇しました。


A657D140-8297-4158-8075-100655FC5054.jpg






2020年01月10日

神社のみかん

D562C0D0-47F5-4448-A8CD-7BD60A14BD81.jpg


初詣の神社になって居たみかん。
神社に行くと、みかんをもらうことが時々ありますが、なっているのは珍しかった。
この季節にね。

 今日寒いけれど、これまでは暖冬だったのですねー。
でもビタミン補給風邪予防に大事ですね。


posted by luce at 19:21| Comment(0) | 自宅でお茶&Coffee Time | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーサー王伝説 / Takarazuka 月組 追記 Am 7:07

宝塚のDVDをお正月休みのうちに見たいものがもう少しあったのですが、年賀状の都合とか思うより初詣に時間をとったりとかで、また追いつかなかった睡眠とかもとったのでやっとみようと思っていたものが見られました。
最初に記載してなんなんだけどOSK歌劇団のアーサー王が一年以上かな?、かなり長く大ヒットして、私もそちらとも見比べたかったのですが、手に入ったのは宝塚のDVDだけです。
宝塚の方がアーサー王は後からで、ドラマシティーのものになります。


76163196-21EA-4BA9-936E-8F15C93C9694.jpg


アーサー王伝説、月組、珠城さん、この前トップさんになられましたが、もうしばらく経ちますが、これはシアタードラマシティーでされた公演ですが、ドラマシティー客席と近くて、元星組の湖月さんのとき以来いいなーって思ってます。なかなか行けないんですけどね。
大阪城の近くなので・・。堀からも見えますよね。その前はビデオやDVDで拝見してばかりでした、湖月さんのとき以来ですね、あれが最初で最後が、大劇場には23歳前後から15年ぐらいは結構行きました、梅田芸術劇場も、あとは東京宝塚ばかりです。その前は地方にいてなかなか出られなかったし。

宝塚としては一本だての二まく、ショーなしフィナーレのみの作品で、演出などが石田先生のものです。
麻路さんトップの星組時代のジュビレーションから、石田先生の演出が割と好きな私だけど、作品によります。
この前の風と共に去りぬも、そう言えば二幕の一本だてでしたね・・。


B8FD65CD-524F-4015-B5B0-79782307B756.jpg


まずアーサーの前に、魔法使いマーリーンが最初に出て来ますが、千海さん、うまいですよねー。
雰囲気ありました、物静かそうに見えて。月組、すごいです、皆さんうまかった。
魔法使いマーリーンは数年前に、海外とラマとしてEテレかどこかで放送していて、あの時のインパクトが強いんですけど、うまく宝塚風になってました。
あの頃のブログに記載した記憶があります、タイトルがマーリーンとなっていましたが、宝塚ではマーリンと表記されていますので、ここからはそうします。
マリーンは白魔道士で、ライバルというかライバルにならざるを得なかったアーサーの父親違いの姉の黒魔道士を、美弥さんが、この人見せ方うまいですよね。
しばらく前に二番手惜しみながら退団されました、生で見られなかったので宝塚に居られるうちに見て見たかったけれど、少し真矢みきさんとか水夏希さんを思い出します。

そして可愛い、今までに居ない感じの娘役トップさん、王妃役、愛希さん、可愛らしくてランスロットが好きになるのも無理はないですね。
笑顔可愛いです、まさに宝塚の娘役さんらしい感じですが、今までに居なかった感じの娘役トップさんだけど、紫吹さんの相手役だった映美くららさんを少しだけ思い出すかな、でもかなり違います。
そしてさらにびっくりしたのが、ランスロットです、朝美さん、いやー、ランスロットの爽やかで綺麗な感じ半端なかったです、そしてトップさん以下皆さん、歌が上手いですね*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

悪役というかアーサーの生まれながらのライバルのメリアグランスの輝月さんの歌、上手いです。
悪役なのが惜しいほどでした、高音綺麗だけど低音叫べるし唸れるし、こんなにうまくても脇役なのかと驚くほどですが、全員上手いんです。


E37D22C9-80B2-4D50-B387-CDC285E303D1.jpg


パーシヴァルや、ガウェィンも良かったです。
いやー月組いい感じですー。
音楽が全編にわたり、クラシックもロックもアイリッシュ風の民族な舞踊の民謡見たいのも、良かったです。

っていうか宝塚、今、五組のトップさん全員が素敵です←コラ・・・、( ^∀^)

でも、この前、風と共に去りぬにも DVD収録の口上がついてましたけれど、こちらにもついてました。
ただトップさんの性格がかなり違うみたいですね、珠城さん柔らかいというか、このために組のみんなにその時間をとらせて協力してくれと頼まれたと、かなり長い口上で面白かったけど、真面目な前作も良かったです。

少し冷えか風邪気味かわからない、頭痛がひどかったんだけど見た後はしばらく和らぎました。
洗濯物取り込んだり花に水やりしたりしたらまた、チョツト・・。
あったかいもの食べて頑張ります。


他にも見たいものがあるんだけど最近は、DVD買うのも以前よりなぜか大変です。
でもまだ買ったものもあるし、東京だけど観劇もしていきたいです。

そう言えば、DVDは絵はがきみたいなトップさんの写真の綺麗なものがついてたけれど、つかなくなったのかな?
シアタードラマシティーのだからなのかな?

追記
確か、エクスカリバーの宝剣ていう小説読みました、前のブログに記載してました、もう四年以上前かな。
あと、土曜にWowWowで、宝塚プレミアムと宝塚のミュージカルの放送が午前中から昼にかけありますね。
その前に井上芳雄さんのトーク番組が二本ありますね。
楽しみ。



posted by luce at 18:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

七草粥

6D6DEC98-1C3D-42AC-85D5-A841C020EE52.jpg


春の七草粥作りました
つくる前の状態、すぐ煮えるかと思ったけれど思うより時間いりましたから予定より遅くなりました。
あとは魚焼いたの。
餅を予定してましたが、意外に煮えにくく、小さく切りましたが疲れてここまでに。
でも癒される時間でした。



百人一首で遊んだけど

久しぶりの百人一首、自分では持っていませんでした、たまたま昨年の大歳の二日ほど前の買い物で、スーパーに500円のがあるのを発見して、買ってきてやっと今夜開いてみました。

46E9AF8F-6624-44E9-A244-B6F70D905C31.jpg


 そろそろ年始のお休みも終わりです。
今日からの人も多かったのかな?、今年は年賀状が年始にもつれ込み、あんまりこういうことに時間をかけられなかったけれど、少しだでもできて良かったです。
 ただ人数が少ない上に・・100枚も広げられる場所もなく、実家でいつかできたらなという思いもありますが、いつになるのかなー?
昔、母が三千円以上する手触りのいいものを持っていました、祖母はもっといいものを持っていて(二人とも元国語教師)ずっと触りたいような感じでしたが古くて祖母のものは私がまだ高校ぐらいの時に捨ててしまいましたと思いますけれど、うちはこんななので手触りは良くないんですけど、札を読むことに関しては同じです。

 そういえば、小学校の頃かるた大会に出られるぐらい得意だったけれど何故か選抜されませんでしたね、でも、あれは体育会系に意外と早打ちが勝負なのですが、本当は早く打てても歌の心を理解していなければ、なんの意味もないかとも思います。
 でも大会に出るほど詳しくなるのもいいです、その上で強ければなお良いですね。
かるた部は中学以降にはなかったな、次にやったのは高校だったかな?
部活でなくただの趣味というか、友達との遊びでトランプ、家族と花札に百人一首に囲碁やチェスなど、よく遊びました。

 トランプなども電気のゲームもいいけど、こうして本当にふだに触る温もりみたいなものが、何かある気がします。
ほのぼのします。

posted by luce at 00:17| Comment(0) | 雑貨  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぶりのカルパッチョと北海道のホタテのパスタ

8BE4542E-D670-4CA5-AAF7-4472E9DAF3FB.jpg


 マンマPastaさんのぶりの燻製のカルパッチョ、出てきて蓋を取られた瞬間、フワーッとスモークが上がって、何か特別感が。
新年って感じでした。
数日前の夕食でした。
あ、ぶりはどこのか記載がなかった、聞けば良かったけれど混雑していて聞かなかった、店員さんたち多忙そうでした、富山のなら嬉しいけど?

そしてパスタは北海道のホタテのペペロンチーノ。
と、ホタテは自宅でお寿司もいただきましたけど、こういうのも美味しいですよね。
餅とかお寿司とか新年は精進が続いたので、久しぶりのイタリアンでした。

 この後コーヒーや紅茶もとったけれど、?、ケーキメニューが数年前、食べて前のブログにもこちらにも一度は出したかなっていうメニューがなくなつていました。
何か山の名前が付いていたような、モンブランではありません、フランス語の・・。
入ったばかりの店員さんに聞いたけれど知らなかった、仕方ないです、その人しかテーブルに給仕にこなかったので・・。

2020年01月03日

白鳥の湖で終わり明けた年末年始 / Toru Hoshina Yamaha吹奏楽団

3A8D0B76-F1C1-4075-928B-BF46F671C247.jpg


白鳥の湖、続けて買って見ました。
保科さんの録音は初めてです。
日本人らしく丁寧で律儀な感じの演奏だと思います。

オリジナルの曲も入れられいていますが、最後の二曲が白鳥の湖に負けてないと思ったら、ローエングリンでした。
ローエングリンは声楽でありますが、オケのは偶然、ついていたものです。

 白鳥の湖、こんなにブームになる日が来るとは思いませんでした、嫌なことみんな搔き消える、よく眠れる。
これほどチャイコフスキーに感謝したのは初めてです。
悪夢を見なかった、演奏、完璧でした。

日本人は几帳面。な人もいるけれど、ヤマハの演奏にはそれが出ています。

posted by luce at 12:16| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

ピアノ協奏曲第1番&白鳥の湖 チャイコフスキー/マゼール&ストコフスキー指揮 追記1/3 19:42

3DD851C8-819C-4C44-A56C-BB19342D4864.jpg


ピアノ協奏曲一番と白鳥の湖、タイトルにあるように指揮者が違います。
ウクライナの楽団のを生できいて、あんまり綺麗だったのでCDが欲しくなりましたが、どれにするか悩みました。
第一番は高校の頃ピアノをしていてどうしても弾きたかった、最初の部分はひけましたがこのレベルですと、手の大きさに悩みがでるレベルになって来てました・・。
あの頃好きだったのは一番ですが、今は白鳥の湖がマイブームです。

バレエがついていたものもありますし熊谷さんのバレエとかマリンスキーのバレエのをWOWOWで見たことがあり、長いので一部分録画で残してありましたが、あの頃まではここまでじゃなかった。

楽団も曲で変わりまして、ロンドン交響楽団とニューフィルハーモニアオーケストラです。
こちらの白鳥の湖のアレンジは中程からかなり、ウクライナの生とは違うアレンジがあるように思います。
カスタネットを使ったのかな?


6D3A59C3-C71C-4F56-8496-EECD95EAABE6.jpg


でも楽しくてこちらも素敵でした。
白鳥といえば、雪国にしかあんまり生息しないはずだけど、ジャケットの写真の場所が綺麗だし、写真も素敵です。
どなたの撮影なのかなとも思いました。
場所も地名も・・国の名前だけでなく地域も気になります。

他の人の指揮や楽団のも聞いて見たくなりました。
またいつか機会があればバレエも録画したものからしてないものまで・・。
でも今回は、想像の世界とイマジネーションに癒されたくて、CDでのオーケストラのものにしました。

ふと思ったんだけど、写真は、オーストリアじゃ?
なんとなく、?スイス?、ロシアかなあ?ロシアはあんまり分かりません。

posted by luce at 21:12| Comment(0) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする