2019年12月23日

サン・テグジュペリ/Conga 宝塚花組

B3229EB9-A0D3-4B76-89B4-C96C2FE86513.jpg


一昨年買ったDVDです、久しぶりに出しました。
蘭寿とむさんトップ時代。
二番手から下の方達も懐かしい顔ぶれです。

 テーマソングの、「本当に大切なものを失くしていませんか?」のセリフのような歌には、ハッとさせられます。
歌詞はその前後もいいです。

 コンスエロ、マヤ族の子孫、未亡人、熱烈な告白の末に結ばれますが、なぜかそのあとは操縦と創作の日々ですれ違いが起きて行きます。
でも砂漠に不時着したりして生還したり、飛行士仲間との友情には暑く・・。
不時着した時のことを本にしたり、仲間や友達のことを書いたりも。
 そして戦争に・・。
ドイツがフランスを負かしますが、飛行士仲間たちも志願して亡くなるのですが、主人公も最後の本となった星の王子さまをコンスエロに渡して・・。

 サン・テグジュペリの伝記と星の王子様その他何冊かの小説を読んでいないと、突然妄想のシーンが出てきてまた現実の世界に戻ることを繰り返すので、詳しい人ほど楽しいようにできています。
 貴族の家柄なので、マヤ族のコンスエロがいくら有名だったとしても家族たちから受け入れられなかったようですね。
その頃からうまくいかなくなったようです。
 その反対も現実にはありますよね、貴族や武家の子孫とかがそうでないオタクの子供達が結婚後、嫁ぎ先でうまくいかないということもあるようですね。

 アンリを雪のトップさんになられた壮さんが、蘭寿さんとはまた魅力が違いますね。
コンスエロを蘭乃はなさんが、メルモースを愛音さんが。
ユダヤ人ジャーナリストのヴェルト、汝鳥さんが、専科に長い間いらしてホッとします。
ホルスト、現在雪トップの望海さんが演じられています。
まだ若くて可愛い一面も見えます。

 花組らしくバレエのシーンが素晴らしいところが多々あります。

 ショーのコンガはブエノスアイレスの感じですね。
華やかで賑やかで熱い感じだけど、どっちかといえばお芝居の方が好きかなー。
 最近、娘役トップさんも身長高い人多いですよね。
 花組も蘭寿さんがトップになられた際に、これまでとかなり雰囲気が違うなーと新鮮に感じましたけれど、やっぱりどこか花組です。
蘭寿さんといえば戦国BASARAがいまだに私の好きな作品なんですけど、時代劇うまいと思うんですけどね。
若手の頃にも和物されてていい感じだと思ったなー。

 なぜかサン=テグジュペリは字余りの歌が多い気がしましたけど、テーマソング、ラストに改めて聞くと、本当にいい歌です。

 
posted by luce at 19:00| Comment(0) | 観劇 Musical レポート DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

エコなフランス産、白ワイン

58F2C76C-B5E3-4520-A5A8-CD1E31939CDE.jpg


 France🇫🇷産、白ワイン。
安くてお得です、そして瓶のゴミが出ません。
エコでいいですね。
ゴミの処理に助かるし、地球温暖化も少しでも防げます。
オシャレ感がないけどワイングラスに注いでしまえば、代わりありません。
量が大人二人分の乾杯程度しかありません、が一人暮らしとか核家族でご夫婦でとかっていう程度なら、十分ですね。


2019年12月21日

風と共に去りぬ / Gone With The Wind /宝塚星組DVD/神奈川県民ホール・収録口上付き

 引っ張り出してきました、宝塚不朽の名作の一つになった、アメリカのマーガレット・ミッチェル著の小説を舞台化した、風と共に去りぬ✈👜🍸
星組の地方公演で、久しぶりの再演とあり見たかったんですが、生では無理で今年の春にもう少し前かな銀座に出た時に買ったDVDがあり、一部だけ見た記憶が。
 なぜ二部を見なかったのか思い出せないけどその時は他のこともしていたんだと思います。
一時間ほど前に見終わりました。

335C18B2-BCEF-4A1C-9214-34D76C682394.jpg


風と共に去りぬは、一部のラストにアトランタの炎上とタラへの帰省を持ってきており、アトランタ炎上と共にタラの崩壊ぶりが描かれます。
宝塚のシナリオには2パターンあり、スカーレットが男役で心の中のスカーレット2を娘役がやるタイプと、娘役トップがスカーレットを演じるバトラー編があります。
 こちらはスカーレットが二人出てくるタイプでした。

 レット・バトラーが紅ゆずるさん、スカーレットが礼真琴さんと、いいコンビです。
礼さんの男役とは違うスカーレツトぶりに驚きましたが、スカーレットは小説では、決しておてんばだとは私は思わないんです。
もう少し後から触れます。

アシュレが華形ひかるさん、成長されましたねー、驚きました。

 マミー、美城れんさん、この人なんども繰り返しいろんな組のいろんな風と共に去りぬを見るうちに、欠かせないキャラで演技が相当にうまくないと大事なシーンに必ずいる人で、焼けただれたタラにスカーレットたちが一部でついた時、最初のセリフがなんともです。
 そして、最後の階段落ちのシーンですね、その前にレットが心の内を話す相手がこのマミーなので、なくてはなりませんね。
マミー無くしてできません。

 スカーレット2、夢妃杏瑠、娘役さんなんですが今まで見た中で相当よかったと思います。

トップの紅さんたちもですが、再演が何十年も前からの作品は難しいと思いますが、紅さんは表情豊かで今までのバトラーとは何かかなり違いました。
肝心のセリフも、今までのバトラーと違う部分がかなり。
 みなさん本当に工夫されていると思います。

 もう一人、ベルの天寿光希さん、このベルが歴代うまいと思います、宝塚は、なんだかこの役が当たる人たちに感じのいい人たちが多いのが思い返されます。今回もでした。

 スカーレットのお父さんが出てこなくなったような?、私の記憶違いか?
まあいいとして、DVDは暗転と幕間の客席が映らなくなったんですねー。
暗転のシーンはもう少し何か工夫が欲しいですが。
幕間少しあったほうがいいのかなと思ったけど、二部との間がメニーで切れるようになったので無くしたんですかねー。

 第二部、ちょっと説明的な部分が少しだけ増えたのかな?
スカーレットとバトラーが結婚して北部の人たちとビジネスをして再興をはかるのをよく思わない人たちから、嫉妬されたり批判されたり色々なんだけど、アシュレへの片想いとかを結構言われがちなスカーレットだけど原作では、第三部とは言わないまでも続きがあり、二人の間に子供がうまれて亡くなるのが離婚のきっかけなのに対して、宝塚は階段落ちとメラニーの死がきっかけになります。
 かなり作り変えてあるのですが、宝塚の感想と星組の感想を書きますと、

 戦争に敗北した南部の誇りを捨ててまで街を立て直した二人に、それができなかった人たちや北部をそのまま恨んで屈折してしまった人たちが羨みから、アシュレのこその他を取りざたしまがすが、見ていてひとつ気が付いたことが。
 メラニーのことでバトラーもアシュレも、そしてミード医師も、スカーレットの強さというか前向きさに、気がつくのです。
倒れてばかりのメラニー心は綺麗だけど、現実と向き合って生きているスカーレットをこの人たちが評価することを、特にミード医師の妻が嫉妬していたのではないかということを、なんとなく思春期から、風と共にさりぬを見てきた私は、ふと思いました。
 ミード医師の評価に対して、ミードの奥さんのスカーレットへの評価があまりにもメラニーと対照的なのは、夫婦なのにかなりずれていて、いつも不思議でした。
 もちろん小説にも街の人たちのことは出てくるんだけど。

 それにしても南部には、マーガレット・ミッチェルという主婦から小説家になったすごい人が生まれましたね。
一部のアトランタ炎上とタラ到着のシーンは、何度見ても二部の階段落ちのインパクトとは違う意味で、心を揺さぶります。

階段落ちのシーンですが、地方公演なので大階段がないということに、随分後から気がつきました。
私もまだまだ、ですね。
その分客席に近くてよく見えていいですね。


 風と共に去りぬも宝塚で長くなりました。
実は宙組もあります。
年末か年始にまた見てみようと思いますが、たまには私が思春期から20代だった頃の作品も見てみようかなと思います。
あの頃は雪組、月組、星組と見ましたかね。
 実は地方公演の風と共に去りぬも一度だけ見たことがあります、懐かしいですね。

 あの頃、宝塚大劇場横で扮装した写真で、スカーレットが娘役の中では同期に一番人気だったけど男役を含むと、そんなに決めポーズがうまくないのに、トート(エリザベート)がなぜか一番人気でしたね。
 テレフォンカードも作った、でも、メイクさんや衣装さんが感心してくれたのはフランスの最後の王妃アントワネットだった、あれはドレスで気分が入って私の目つきが役に入ったのがわかるほど変わったと・・周りにいた他のお客さんたちやスタツフさんからまで・・。
 なんとなく演技者の生徒さんの皆さんの気持ちがわかった気がしましたね・・。

 今はもうそんなことをしなくなりましたが、まだ青年期の懐かしい思い出です。
でも自身で一番自然だと思ったのはスカーレットだったけれど、周りの方達が評価してくださった二役も扮装とポーズだけだけど嬉しかったです。
トートは難しいですね、あれは私には難しい、バトラーはさらに人間の男性なので難しい(笑)。

 そうでした、神奈川県民ホール、地方公演の初日、組長になられた万里さんとトップの紅さんの口上が。
本日はDVDの収録が入っております、何度も何度も繰り返し見て欲しいとのことでした。
 
 そうですね。

 それにしても、年末に入りました。
クリスマスがもう直ぐですね、帰省される方達はお気をつけて!!
私は今年は帰りません。



 
posted by luce at 18:27| Comment(4) | 観劇 Musical レポート DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野菜スティックと花畑牧場マロンパイ

96CA96C8-A5F3-4BB2-A609-A10070391D01.jpg


野菜スティック便利、朝や昼によく食べます。
十勝花畑牧場のマロンパイ、こんなのあるんですね。
スーパーやコンビニにクリスマスケーキ🍰が並びだしましたね!


2019年12月19日

外れたみたい宝塚UCC tie up観劇

76425374-5AE6-4776-9914-B69B85693DF3.jpg

秋にポスターでは無いんだけど、宝塚とUCCタイアップキャンペーンに応募しました。
当たっていたら10月に通知が来たはずが来なかったので。
応募さした分はなく、こちら家族に仕事合間に頼んだ分だけど、自宅や職場からやや遠いところしかない為、わたしの分だけしかたまりませんでした。
でも、まあこの中にはいるのは大変ですね、20代や30代の頃に別のキャンペーン tie upに当たりましたねー!
懐かしいです!

posted by luce at 18:22| Comment(0) | Concert ポスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月18日

フランスの菓子パン クリスマス限定

D7FF30AF-6BEE-4527-80B0-4ADA85A338EA.jpg

フランスの菓子パンを買って帰ったしばらく前、クリスマス限定のヒイラギがささったもので、夕飯前に癒されたんだけど、名前を忘れてしまいました。
なんていう菓子パンだったかなあ?、
美味しかったー!!
綺麗!!雪が降ってるみたいでした〜゜・。゜┐(^-^*)あ、雪!?なんてねー!



posted by luce at 23:45| Comment(0) | 自宅でお茶&Coffee Time | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

とんがりモミの木の郷 他5篇 / セアラ・オーン・ジュエット

3A05CBF8-7EF0-4A7A-9527-04D1D1883691.jpg


 秋に手に入れた本の一つ、アメリカの作家さんの作品。
ずーっと作家の男性が避暑地に来て、近所のお花好きのおばさんを観察しつつ、仲良くなり、その土地に馴染んで行く感じ。
アメリカにもこんな所あるんだなっていう、山と海が近い場所で素敵な場所だけど、都会から来た作家には初めのうちはヘンテコで何にもない場所にしか感じないらしい。
それがだんだんとその良さがわかって行く感じで、人見知りの引きこもりがちな人を、快活で朗らかに変化せていく様子が面白い。

posted by luce at 22:27| Comment(0) | Books 雑誌 新聞記事など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かぶら寿司

F8CBDAEA-66F7-4EDA-90BB-3E5815B5A110.jpg


高岡の名産品。
大和デパートでも買えますが、大和デパートは撤退しました、今年の夏で閉店しております。
本店は金沢、富山店があります。

 しばらく前にギフトで里の方から、届きました。

大風水 最終回

 すごかったですね、とうとう奥方とドジョンの陰謀を前の回で知っていつつ、それを言わずに来たチサン。
逆に、奥方を煽動してのドジョンの罠にはまってしまいました。
助けようとしたヘイン、偽文書を作った相手を突き止めたかに思えますが、そこへパニャを殺されたジョングンが。
ヘインの暗殺を指示したかに見えますが・・この手は既に一度シナリオで使われていて火事でヘインが実は助かっていたという手法があるのでもしかしたらと思ったら、やはり、ヘインは生きていました。

 紫微垣極探しをするジョングンとチサン。
今度はジョングンの勝ちでした、政局にもですがやっぱりずっと学士としての仕事もして来たので努力が才能を上回ったのかもというのは私の憶測です。

 そこへドジョンの放った刺客が、そのドジョンの刺客を、ジラン将軍の手下が始末。
これでもう、誰の仕業かなんて明らかなものでした。

 そしてヘイン達と旅に出るチサン。
でもー、バンウォンが一緒に濡れ衣を着せられたのにどうなったのかとかは描かれず、ドジョンをどうするのかも。
まあそれはチョン・ドジョンを見ればいいんだけど、明らかではない気がします。
そちらはドジョンにいいようにできてるんでしょう。

 でも台詞の中で一つ気になった、李氏朝鮮の初代王になったソンゲ将軍。
母方がワン氏の親族で子孫であるのに、功績は高いが名前を歴史に残すことはできないって・・風水師だからって参謀の地位まで与えておきながら・・。
バンウォン、味方を失いましたが・・。

 まあそれで風水師が参謀になる話は創作ですって言ったようなものだけど・・、この辺は少し不満でした。
今なら学者もそこまでの人たちはかなりの権威を持てますしね、時代が違うから仕方ないんだけど。
でもここまで創作して最終回にそれはないですね、創作は創作のまま最終回にいった方が良かった気がします。

 韓国もその点は、日本ほど史実とドラマの落差にうるさくない国みたいに思えて、やはりどこかアジアだなって思います。
だけどエンディングに皆さんのメイキングが出て来て、スタッフさん達も、面白かったですね、先頭シーンや泥エステのシーンとか、他にもジョングンのラストとか、どうやって撮影したのか、わかった。
 ジャッキー・チェーンさんの映画の最後を思い出します。

 それにしてもあの時代は父親が貴族以上でないと、軍師以下なのかと思うと、ドジョンなんてさらにワン氏より格下なんじゃって思いますけどもね。
ドジョンがあのまま重用されたとは思いにくいけど、ヤスク将軍とチサンを失い、バンウォンを立てて来たジラン将軍の複雑そうな感じもなんともでした。
ドラマとしてそこまでしたなら、そこもそのまま行った方が良かったと私は思います。

 ジョングンのラストは良かったと思います。
わかっていてそうせざるを得なかった、いい子だったのに両親が良くなかった・・。

 不思議なのはむしろソンゲです、ソンゲはあの奥方やバンウォンを排除したい息子達を、チサンたちやジランたちよりも信じて生きていくのか?と云ふ事デス。
 そして本当はワン氏勢力への牽制がまた天下を欲する気持ちが本当に初めはドラマの通りの動機だったのか?、寧ろ、チサンたちより怪しみます。
ジョングン達よりも・・・。
史実と違うのは、寧ろ、ソンゲ将軍の本心、野望ではなかったのか?、とつくづく思いましたけれど、そこは明かさずじまいでしたね。

その点を評価していません、史実を明かすのならば、寧ろそこでしょうにね・・・。
チサンのような人は創作だとほのめかしただけです、それではドラマに仕立てた意味を、無くしてしまわないことでしょうか?

ジャッキー・チェーンさんのことも、流れていく地盤のことで明の使者が病になりますが、地盤のことも前のブログにも苦記載していたかなあ?、映画のことは絶対に書いてましたね。
高校ぐらいから、ジャッキー・チェーンさんの映画は時々見ました。
ハリウッドに行かれてからも面白かった。
 なぜ思い出すんでしょうね?、地盤のことは伝えた人がいることはいます。
はてね?、笑えます。
 玄武とか四神のこともね、チサンの母親が王族のワン氏の子孫ねぇ・・、・・・・・。
 

posted by luce at 12:37| Comment(0) | TV Doramas | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

蘭陵王妃 第38話まで

 久しぶりに書きますかね。
面白かったです、ちよつと朱雀たちの三種の神器をめぐることと、政局が周の国内のことになってきて、あんまり蘭陵王が出てこなくなってしまいましたけど、宇文ようが戴冠して何年か経った後からの展開は、今度は怜こと清鎖が、ように協力して宇文護をとうとう倒そうとします。
38話はヒロインの舞のシーンが素晴らしかったです。
その前に白虎がなくなるのですが、ただ役目を果たしたかったための朱雀が、白虎と替え玉の玄武の死を偲び、横笛を吹きます。
また、宇文ようが戴冠の日の朝、朝日を二人で見たいと、清鎖を呼び出した時の、二人の詩の朗詠も素晴らしかったです!
ちょっとづつ古典や音曲を盛り込みつつ、舞も披露しつつ、皇太后様まで登場して話はかなりの佳境かと思われます。

 周の歴史上、宇文護を倒すようの話をしないわけには行かないようです。
ここに来て何か母親の思惑に気づいた蘭陵王が、母親に何か掛け合い出しますが玄武である母は、ただ神器を青龍に与える代わりに宇文護について、朱雀と対決させることにして自身は関わらないようにしたみたいです。
 ややこしいことです、玄武が宇文ようの叔母で、蘭陵王の実母とは無茶な設定ですが、蘭陵王という先に出たドラマよりも癒されます。

 そのわけは・・あちらは政治と周の敵だった斉の内紛を描いていますが、主役が二番手の悪女に立場を食われ蘭陵王との結婚ののちはほとんど活躍しないまま罠にはまっていくのですが、前半のヒロインの活躍は一体何だったのか??、と思うほどの後半の出来栄えです。
 それに比べれば清鎖の役割が記憶喪失なこと以外ははっきりしていて、宇文ようと周を新しく作ろうという意欲も、あまりのようの思いから湧いて来たところです。
 見ている人たちは二人を応援して暖かく微笑ましい気持ちになれるシーンが、多々態とらしくなく入ります。

 かなり歴史を割愛して四神を出し、ファンタジーとの不思議な歴史の混じった物語で飛びがちな展開がたまにありはしますが、視聴者の夢を壊していません。
 まあ史実でも周と宇文ようは生き残り勝つので、描きやすいのかもしれないけれど、それでもドラマほどファンタスティツクだったとは思えません。
そうであってほしいという、ライターや視聴者の願いが反映された作品になっていると言いたいのです。

 惜しむらくは斉の英雄と言われた、蘭陵王の活躍ですが、これからどう動くのか、少しだけ母親との会話が出て来ただけです。
こちらの蘭陵王は悪女に一時期惑わされたふりをするだけですが、玄武である母親に弱かったと来ていますがその事にも、気づき出して少し変わっていくようです。
 それでも見ていて癒されるのはなぜかこちらの方ですね。
 
 あんまり悪役がでしゃばりすぎては、ドラマとして成り立たなくなってしまいます。
その点こちらは宇文護が相当ですが、ただ、彼は皇位を欲するものの、ようだけは殺す気がないのです、なぜなのかといえば、宇文一族での台頭こそが彼の親たちや祖父たちの夢でもあったかららしいです。
 それでは周の礎が崩れるからと部下たちに、圧力を加えるだけにしろみたいなシーンも時々ありました。
宇文いく・・ようの兄に毒をもったのが青龍とはねー、無理な展開な気もしましたが・・。
 ただ記憶喪失だからといって、私ならああいう展開に持っていくのかは、別ですけど。

 ドラマは見ていて癒されなければなりません。
見た人が何かを掴まねばならない、明日から頑張ろうって気にさせられなければならない。
時々しんどいシーンで、回が終わりますが、通してみれば暖かい、宇文ようの思いの丈が伝わるドラマです。
 決して、史実で勝利したた側のストーリーだから、なだけではないと思います。



posted by luce at 19:11| Comment(0) | TV Doramas | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする