2020年01月18日

オーチャードホール休憩、終演後

7A508413-280E-4919-90C9-98A2D6EC0715.jpg


順番が逆だけど、花總さんのコンサートの終演後が上、イルミネーションが綺麗でした。

そして、下が休憩の時に、スポンサーさんのポスターにあった写真が可愛かったので。
いいご年齢ですが、娘役さんらしいですね。

花總さんキーが年齢を経ても下がらないのがすごいです。



花總まり プレミアム・シンフォニック・コンサート 愛に生きた女王を綴る /指揮・角田鋼亮 / 東京交響楽団 1/19 10:00追記編集

514B7F4E-64BD-490A-A291-3232DB82D641.jpg



花總まりさん、もと宝塚娘役トップ、雪の後、専科をへて宙の娘役トップへ。
退団後はミュージカルとかもされましたけれど、宙に行かれた後からの作品は姿月さんが退団されたのちは、生であんまり拝見しませんでした。
でも最近また何故かエリザベートをされるにあたり、あの頃が懐かしくてか歌声を聞きたくて、そしたら東宝で、また本当にエリザベートに復帰されるし、でもエリザベート以外のこともしてほしいなと思って誰かに話したけれど、まさかその後コンサートをオーケストラとされるとは思わなかったので、雪組で生で観劇をして以来、もう一度退団後に拝見することがあるとは思わなくて、嬉しかったし感動しました。

構成は一部は、バイオリンの古澤巌さんとオケの演奏から始まり、着物姿であかねさす紫の花(万葉をテーマにした雪組時代の作品)からお正月らしく始まって、オーケストラの曲や曲中に歴史の宝塚で演じられた、または東宝で先輩が演じられた作品からも選ばれていて、シェヘラザードとか、カラフとトゥーランドットとか、合間に威風堂々などの曲を挟み、一部が終わります。
花總さん、一部は最初と最後ぐらいしかうたわれず、あとはずっと解説というかナレーションで歴史を語られる感じでした。

B337D019-6C0C-4E8C-8983-B5E07A4665FB.jpg


休憩を20分挟んで、二部はなんとエカテリーナから・・花總さんは演じられていませんが、この曲好きだなー。
今回の選曲では唯一アップテンポだったかな、花總さんファントムとかは当たらなかったので、ああいうのがあるともう少しアップテンポな曲もありますけどね。
そしてマリー・アントワネットですね、こちら私は花總さんのコンサートの本文になんですけど、涼風真世さんで東宝で拝見しました、こちらも懐かしかったですね。

そして十八番のエリザベートです。
うたわれたのは「私だけに」ではありませんでした、フランツとの「夜のボート」です。
ソプラノパートだけ聞くと、また別の感慨があります、編曲もドラマティックでした。
ピアニストの塩谷哲さんが歌も歌われましたね、ピアニストには弾き語りのコンサートをされる方もいらっしゃいますが、その方式を取り入れた感じでした。

他にはトートに今こそ自由になれる、と誘われる歌詞に、嫌よ逃げないわ、諦めるには早すぎる、生きてさえいれば!と歌い上げるシーンも好きでした、この曲にはまだ後のリメイク版で別の歌詞がつきませんでしたか?、そちらもさらに好きです。

しかしながらウィーン版翻訳では意味がかわるため、当時家族から直訳歌詞全訳をもらいました。
まだとってあります、確かに意味が違う、宙エリザベートのあと、ウィーン版エリザベートガラコンサートも参加しました。
確かにまだ何かドイツやウィーンと日本版は違いますが、宝塚は日本人が受け入れやすい歌詞になっています。

まあエリザベートの曲を全て聞いた際に、宝塚では花總さんが最初のエリザベートで大変だったと思います。
雪の初演はビデオで拝見し、星組の白城さんで生を拝見したんですけども、花總さんやはり最初の人なので。
初演から随分と月日が経ちましたね。
本当に、感極まり、感慨も深かったです!

今の方が初演より、人生観や深みがある歌になっていると思います・・。

花總さんほど歌える人を娘役だからと、うもらせておくのはもったいないと思ったら、オーチャードホールは満席でした( ^∀^)
年配のファンの方が多いですね、びっくりしましたー。
まあ私も若いとはもう言えないですが、親世代やその次の世代ほどではないですね。
私、花總さんより年下でございます。

オーケストラ、やはり毎回やっている宝塚のオーケストラの方が転調や、そして変拍子に慣れているのかな、劇で言えばエリザベートの最後のフィナーレの階段のシーンになるあたりが、ちょっとずれたかなー、でもシェヘラザードが素晴らしかったと思います。
シェヘラザードの終わり方綺麗でした。

そして最後にオーケストラの演奏を挟み、花總さんのオリジナルの曲を歌われましたね。
大阪が二月、名古屋が三月?、名古屋が見られる人たちがいいなーと思うんですけど、東京が最初でした。
NHKの収録が入っていたみたいで、帰りに一階ロビーのドアから、カメラマンの方達がいらっしゃるのが見えましたねー。
テレビで入るのかな?

ちなみに、娘役トップさんとしては花總さんから後輩の皆さんでは、同時期トップの檀れいさん、夢咲ねねさん、白羽ゆりさんなども好きでしたねー。
でも先輩にも後輩にも、お芝居や歌が上手い人も沢山いらっしゃいますが、二組兼任された方は、花總さんと檀さんだけですかねー・・、でも娘役さんたちの声の高さって、男役さんにはないのでまた別に活躍して綺麗な歌が聞けたらなって思います。

もう少し娘役さんたちの歌も、退団されても、聞けるといいなと思います。


posted by luce at 23:35| Comment(0) | Concert レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

開演前のティータイム 渋谷・文化村にて 

B25C7895-5F35-4BD7-8FC4-85399530B3BA.jpg


昨夜、金曜の夜、花總まりさん(宝塚歌劇団・元・雪&宙・娘役トップ)のソロ・クラシック・コンサートに行ってきました。
渋谷、文化村のレストランで、開演前に紅茶を飲みました。
昨日は、今日は関東にも雪の予報が出る前の曇天で、夕方からはかなり時雨れて夜帰宅する頃は雨でしたが、雪国出身でそのような天気の方がむしろ調子が出るのか、まあまあ好調でした。

 でも平日ですし成人の日で大体の人がお正月お休みで、レストランで待ち合わせしたものの、あまりゆっくりとはできませんでした。
メニューが減っていて好きなメニューが時間がいると言われ、パスタに30分もかかるのかと粘りましたが店員さんに押し切られてしまって、嫌いで以前は食べられなかったメニューを仕方なく頼むことになり、ところが、これが意外なことに良かったんです。
 待ち合わせ相手が仕事の後で難しい感じだったのに、私の話を聞いて吹き出して、その言い方がおかしい、昔嫌いだったのが本当に伝わるし思い出したって、吹き出して気分が和らいだ、こんなことあるのだなと思って、笑い話に。

 その時間がむしろ良かったみたいです。

2020年01月15日

終演後に飲んだカプチーノ

C28D01F5-48B2-4EB2-A226-DC844D44808A.jpg

昨日宝塚の終演後、そう遠くない場所でカプチーノを。
カレーも頂きました。
美味しかったし食器も良かったです。




イスパニアのサムライEl Japon ・アクアヴィーテ!! / 宝塚宙組 観劇レポ

先日から記載の通り、宝塚宙組を観劇して来ました。
生での観劇は久しぶりでしたね。
宙は久しぶりでした、一昨年から宙は観劇したかったんですけどね。

東京とはいえ(宝塚ではないけれど)、ロビーに入ると赤い絨毯にピアノのあるロビーがあり、階段をまたはエスカレーターを上るだけで何か空気が違います。

指揮者の方が入られイントロが鳴って、トップさんの開演アナウンスが入ります。

イスパニアのサムライ EL JAPON


あらすじ

1613年、奥州は伊達家、仙台藩が派遣した支倉常長の一団はスペインへ。
蒲田治道もともにアンダルシアへ、支倉たちはスペイン国王に通商交渉を願うも、膠着していたらしい。
郊外の農場に滞在させられるが、誰かに追われ逃げて来た女性を治道は助ける・・、そして彼女たち日本人の女性たちが奴隷にされたことを知り、宿屋に預けられることになるが、その宿屋の女将カタリナは、未亡人になったばかりでドン・フェルディナンドから土地も彼女も目をつけられていた・・。

感想

まず、伊達藩が派遣したこの人たちの物語は本で多少は読んだり耳にしたことがあります。
日本史でもかいつまんで習いました義務教育の歴史でも。
でも、細かいことを知りません、サブストーリーと言えるほどではありませんが、蒲田は日本本国で殿様を守れず(剣の奥義を極めたにも関わらず、守れず恋人が自害します。)
その弟、藤九郎、夢想願流の蒲田の弟子でありながら、姉が一揆ののち自害したとして恨みを抱き、報復のため蒲田について回りますが・・。
この一揆のことが今ひとつ、加賀藩と言われたところで育った私には・・でも私の片親は東北の人なので、それも伊達なので・・、でもあんまり詳しくは知らないんです。

そして支倉の交渉の失敗はなぜかスペイン国王にとっては、ローマに行ってなかなか戻ってこなかったから・・、ということになっていました、劇の中では。
一時間半ぐらいでやらねばならないので、伊達は仙台藩でのことや、ローマのことは知っているものとしてスペインでのことのみになっていました。

そして奴隷の女性たちなんですが、九州から東北まで、いろんな方言の人たちがいました。
ふと思いました、日本中からそんなにどうして女性の奴隷がスペインに?

初めは緊張からか堅かったトップの真風さんですけど、だんだんと柔らかい演技が見られるように。
まあ難しいです、そして剣の練習を結構されたと思います。
また、国での過去を背負っている感じをどうしても出さないとならないシーンもありますが、お芝居にそのシーンはないので色々難しかったと思います。

娘役トップさんのカタリナの星風さんが現れるまで今回は割と長かったかな。
その前に奴隷で剣を覚えたいってセリフを言われていたのはハル?、最初に助けられた奴隷?、天彩さん?、
なかなか良かったと思います。
カタリナの星風さんですけど、割にそのままぽくやれるのに対して、トップの真風さんの作り込みは大変な気がしました。

ドン・フェルディナンドの英真さん、長いですね、専科で、
今では宙組では、寿つかささんの支倉とともに、私が見て来た時代から続けていらっしゃるただお二方になってしまいました。
なんだか知っている人が減ったんですけど、トップさんたちが入れかわってもいてくれるっていうのは、いいことです。
お二方は、本当にお芝居がうまかったです、宝塚の専科ってむしろ年配とか出ないとできない味もあるし、脇役でありながらトップを立場としても役柄でも支えなければならない、その点、お二方は申し分なく素晴らしかったです。

カタリナの夫の友達アレハンドロとフェルディナンドの息子エリアス。
二人は要所要所で蒲田に関わりますが、最初と最後に登場するアレハンドロは謎の人物でずっと?がついたままでした。
この人は初めから助ける側でしたが、カタリナが蒲田をすいたことを知り、身を引きます。
なんと後から正体がわかるのですがただの用心棒だったわけでなく、公爵の息子です、最後に父に頼み蒲田とカタリナを国王に謁見し、正規兵を引き連れてしかも国王直属の軍隊を引き連れて、解決してくれます。

エリアス、優秀ですが父の力で貴族に、でもなぜか剣術学校で優秀でアレハンドロと成績違わず蒲田と一騎打ちがしたくて仕方なく、その点、父よりまだかなり純情でもありました。
大事な決闘の殺陣の見せ場にいなくてはならない人です。
この二人は要を抑えていたと言っても過言ではありません。

そのほかにも面白い登場人物がいて、日本から来た神父さんとか、フランス国王ルイ13世の妻になる・・まだ王女時代のマウリシア姫とか。
スペイン側の登場人物のほとんどか、史実で、支倉の洗礼に出席していました。
本国は伊達政宗とか・・。

でも芝居だけでショーがついているため、時間がさらに短くて、農場の奴隷たちを解放してカタリナと結ばれるまでの話だけに収まっていました。

ピエロの役の人たちの歌がとてもうまかったなと思います。

トップの真風さんなんですが、だんだんと柔らかくなって、最後にキスシーンの後ちょっと照れた感じで花道に。
なんとなく不思議な感じで、娘時代憧れたトップさんという位置ですが、今では私の方が年上で・・。
男役といえど女性なのですし、微笑ましい感じで、癒されました。


休憩を挟み、レヴュー、アクアヴィーテへ


水をテーマにしたのりのいいラテン系の音楽も盛り込んだショー。
なんとなく真風さんの表情和らぎました。
楽しく明るい感じの多い、でも宝塚らしいショーでしたね。

途中、ウィスキーの曲で花道に降りられて声をかけられるシーンもあり、みんなでコップのグッズを振るシーンも。
そういえば、トップさんにコップを客席からセンターで渡されたのは、星組の柚木さんで、観劇にいらしていたんですね、場内湧きました。
あ、その前に、ショーで初めの方で、何か客席に渡すシーンも下手でありましたね。

センターと言えるほどではなかったけれど、男役さんたちの見栄を切る位置に近くて、よく拝見できました。

歌もダンスも素敵でしたけど、なぜかお芝居の方が良かったと思います、というのは武将の役は難しかったと思います。
それもスペインに行った人の・・。
あれは簡単にできることじゃない。

最後、ダンスしながら終わるの良かったです、衣装も華やかで綺麗でしたし、音楽良かったです。

グッズのコップ買うか迷ったんだけど買わなかった、その代わり他のものを色々と買いました。

トップの真風さん、花組の明日海さん以来、だんだんと柔らかい感じの人続いてるなと思います。
凛とした方達が続いた後、少し時代の流れなのかな?、何か求められる要素が宝塚のスターにも観客の意向が変わる時期があるんですが、ほんわか柔らかく微笑まれていて、癒されました。


ちなみに柚木さんのナポレオン生で拝見しましたが、その後家族が病気したりして、なかなかいけなかった、風の又三郎がテレビで入ったの録画しました。
またそのうち見ます。
柚木さん、スポーツ選手みたいな服装、出で立ちでしたが風格ありましたね・・。


posted by luce at 15:30| Comment(3) | 観劇 Musical レポート DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ものさしと栞 Tokyo Takarazuka お土産

BD0B4C08-6086-43BF-950B-E8924AE90CCC.jpg


久しぶりにDVDやCDでなく文房グッズを買ったと思います。
でもボールペンとかキーホルダーとか、ストラップは結構割と行くたびに買った時期がありました。

posted by luce at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

真風さん缶バッヂ / イスパニアのサムライ・アクアヴィーテ!!/ 宝塚宙組公演お土産

6CF8E3D1-9B50-49A7-BF9C-DFFA8A949CEE.jpg


組みというか観劇のもののお土産になりました、真風さん缶バッヂ。
イスパニアのサムライの扮装でパンフレットその他に登場されていますが、私この夕風に吹かれている感じが好きで缶バッヂ買いました。
素敵です✨🔑🚩

なぜかこの写真見ていて私も癒されますー。
広い景色も好きです、それが両方収まってるので、素敵なトップさんのふん装と・・。



posted by luce at 23:57| Comment(0) | Goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

缶がお洒落なチョコレート 宝塚グッズと観劇チケット

キャトルレーヴ25thですか、記念グッズもありましたが、組に関係ない宝塚劇場自体のグッズとしてチョコレート買いました。

685C4B78-CF99-46ED-A66B-80696A2401DC.jpg

缶がレビューのダンスシーンモチーフ、ペン入れや封書いれなんかにもできそう。

チョコレート美味しかったです、もう少し大きいサイズとさらに大きいサイズもあるのかな?
入って1番奥まで行きかけた際、昼の部の終演になり一斉にお客さん増えてそこまでに。

そして夕方の部のわたしのチケット。

5B6208DD-9504-4AE4-BEEC-67B420ADFE05.jpg

奇跡的なイベンター発売できた座席でした。
お芝居もショーも良かった、
もっと後ろの方たちもたくさんいらっしゃる。
十分でした。

何年ぶりかな、一桁の座席。




posted by luce at 22:35| Comment(0) | Goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

語らいの一杯、後感の一杯

F08027A7-AC0C-4926-B245-00707F2157BC.jpg

自宅にて、観劇や銀座のことを話しながらの一杯、独りでもう一杯全ての電気をかなり落とし一つ二つで静かに一杯です。
飲みたくない時は紅茶やお茶🍵でそうする場合も。

フランスのシャトー系を年末に買いました、その3分の一ぐらいのさらに半分くらいかな。
おやすみなさい⭐🌙💤




東京宝塚劇場ロビーのピアノ

CCF28202-71F6-45E5-85DD-66BA347D8A3B.jpg


綺麗な音色、ここに来ると別な意味でホッとします。