2020年03月12日

アナスタシア 再休演へ・・ テレビ局やラジオ局は安全なのか?電車はバスは?

なんとミュージカル・アナスタシア、ロシアの皇女アナスタシアをミュージカル化したものが一旦開演をする予定だった9日に政府の再要請で休演になったとのことです。
10日以降に観劇の予定があったので、しかもかなりいい席が来た喜んでいたのに久しぶりの一桁でしたが、政府の強要で休みになったとのことです。
宝塚より長くて20日以降にその先をやるか再協議とのこと。

 そういえばオリンピックの聖火はリレーが始まるようだけど、昨日ツイッターですごいデマが流れて、取りやめだとか検索画面にアップで出て来て誰が流したのかと。

 でも今回の件は世界各国に及んだので、そこまでするなら同時期のものは、全て取りやめるべきではと思います。
ちなみにテレビやラジオの収録にスターの皆さんやスポーツ選手、人気アナウンサーなどが出られるようだけどテレビ局やラジオ局のスタジオは本当に安全だとなぜ、言えるのでしょうか?
 むしろメディアのスタッフほど外国に行ってる人たちもいないのでは?

それにメイクやスタイリストなんて、芸能人の体に触りますよね、アナウンサーとかも触られます。
この人たちは他のお客さんも掛け持ちされているはずなのですが、本当に感染源がどこにもないんですか?

なぜテレビやラジオの収録はなくならないんですか?

 アナスタシアは主演の人たちのことをよく知りません、宝塚の方達が出られるのでチケットをとりましたがどのぐらいなのかもよくわからないままでした。
宙組でも上演が決まったとか、幸先がいいように祈りますが、劇場はダメでテレビやラジオ観覧は良いのですか?

意味がわかりません、もちろん宝塚やアナスタシアに限ったことではありません!!

posted by luce at 19:51| Comment(6) | ニュース 社会現象など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

ウラディミール・アシュケナージ氏 引退発表

先日、世界的ピアニスト、アシュケナージ氏の引退が日本でも発表になりニュースになりましたね。
八十歳を越されたとか、いつかは誰しもに来る事ですが、残念です。

アシュケナージ氏のアルバムはオーケストラとの共演のものも含め、何枚かあり以前のブログに出していました。
この前も一枚買った、お正月に聞こうと思い、まだ聴けていません。

出来るだけ早く聴きます。

実は一昨年、日本にコンサートにいらした、拝見できなかった、残念でした。
一昨年は他にも、クラシック歌手のIL DIVOや、セリーヌ・ディオンさんが来日されましたが、どれもいけず、それならいつかきっとヨーロッパに私がいこうとまで、考えています!

また、宝塚宙組の記念年でもありましたが、新生宙も今年の観劇になりました。


posted by luce at 10:45| Comment(0) | ニュース 社会現象など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

国際読解力の低下 日本は先進国とは言えないほどに・・

 読書を統計でトータルでは諸外国より先進国とは思えないほどしなくなってしまった日本国民。
人によって落差あるしプロの作家さんもいるし、ファンも同人もいる、文学部出身の人たちも沢山いる・・でも、トータルで世界ランキングは15位とのニュースが昨日流れました。
 いろんな原因を家族とも話してみたけれど、

 1、ヨーロッパとかアメリカの文化が伝わるのはいいけれど、もともとあった仏教思想の譲り合いではなく、会社や自動車事故とかのやりとりみたいに個人間でも相手の気持ちを考えず、自己主張や自我ばかりを出す人たちも増えてしまったし、
 2、造語の反乱、ネット普及で便利になった点もあるけれど、手紙のように規定文を決めないまま先に広まってしまったため、他人への敬意を払わず独自の言葉遣いが発達したり、その他諸々の言葉の別世界を作ってしまったIT産業の影響・・。
 ちなみに、私とその家族たちはメールを手紙だと思っています。うちにはそうでない人は一人もいません。
 3、そして、何より国民が自ら読書をしなくなった、映画とかテレビとかの発達もあるけれどとにかく本は多々あれど最近は、ノーベル文学賞どころか、直木賞や芥川賞の排出にも四苦八苦するほど沢山の本があるけれど、名作名作家には恵まれないらしい。
 など、いろんな要素が考えられる。
 4、さらに最も重要、もう一つには、政府の予算がどうしても戦争で負けたしまった日本は、国際とか理数系にいきがちで、ノーベル賞が科学方面で出るのは喜ばしいけれど、文学の予算はかなり低い。
 ということで、色々と思うことはありますが、あくまでも私と家族の個人の分析のトータルです。

 ちなみに私は実家のものも読書はほとんどの家族が好きです。
歴史と古典と漢詩や、西洋の文学と古典、それにまつわるような音楽や絵なども好きです。
 あくまでも個人的意見ではありますが、大方の文学に携わる人たちが同意見でしょう。



posted by luce at 12:42| Comment(0) | ニュース 社会現象など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

某支店ファミマと、某支店109シネマズのチケット・カウンター 

アイスとシチューを買ったら、スプーンいりますか、大きいのですか小さいのですか・・と聞かれた、アイスに小さいのをシチューに大きいのを黙ってつけてくれるお店もあるんだけど・・。
どっちかしかダメみたいな言い方で、びっくりした、ケチというかなんというか、外見上の相性なのか? 余分につけてくれという意味じゃない、数の通りにつけてくれなかった!
支店でも別のコンビニでも。
箸の数も言わなくても一つ多くつけてくれる所もあるんだけど、むしろいつもより一つ多くいっただけで、怪訝そうな顔をされてしまった。

一つ多く言ったから、ゼリーのスプーンをケチったぽかったです、これには驚きました、うちの事情や家族構成を知っているの?、もしもそうならなぜいつもより箸を一つ多く言ったのかは、考えないんだね・・。
理由があったかもしれないのに、常連ならなおのことサービスするのが私の勤務していた銀行では、鉄則でしたけどねぇ!!

そういう人みたいですよ。あそこの店員にそういう人がいるの、女でも比較的、歳いってもそういう人もいます。

自分が客だったなら?、たくさんつけてくれるとこに行くのに、そう言う人に限ってしているのに違いなく、私も当然だ、家族にも他のところに行くように進めている。
女性の店員に思ったこと直ぐ顔に出す人いる、態度とか、こちらは比較的 年配だけどお年寄りっていう感じの人じゃない。
女に多い。

ずーっと以前、109シネマズの女のもぎりにチケットカウンターに、一人でチケット買いに行ったら、なんで一人でくるの?って言った変な人いた。
単館なんかに行くと一人で見にくる本当に映画好きな人多い、故郷の方はシネコンにも多いんだけど、なぜか若い女は群れたがる、一人で行動できない、他人も然るべきだと思ってる、私から見たら義務教育の女じゃないんだから、つまり子供じゃないんだから、その方がよほどに変!!

この人は今はもういない、もう10年ぐらい前の就職したての人の事、隣のチケットカウンターの同期ぐらいの女この事見て、私のこと指差してチケット買おうてしたりその場で言ったので、2年以上どこの109シネマズにも行かなかった時期がある!
それをチケット買いに来たお客さんに指差して、隣のチケットカウンターのスタッフに言う、二度も三度も同じ人に同じことをされた時期があり、全く行かなくなったことがある。

ちなみに映画館下のグッズとかおもちゃ売場で、ゲームをしていたらカップルの女性が通り閉店の1時間ぐらい前だけど空いていたのにどうもワザとぶつかってきた感じがするから、混雑していなかった、いくらでも私にぶつからず歩けるぐらい広いからゲームしてるんだからぶつかって来ないでくださいって二回も告げたら、彼氏の方が2回目にすみませんと言ってきた、びっくりしちゃう!自分で言えないみたいで、いい大人が。

あとは、お母さんとコーヒー買うのに娘が縄張り意識強いので吹き出されたりとか。
色々女性にマナーの悪さが目立つのは世も末ですねー。
角隠し?、キツネの嫁入り前?びっくりしちゃった!



posted by luce at 12:31| Comment(0) | ニュース 社会現象など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

即位の儀

 天皇陛下が正式に即位されましたね、令和元年10/22です。
でも雨でパレードなどが延期に。
台風のせいもあるとか。
確かにね、おめでたいとは言ってもこの悪天候がね。
外国からも沢山の方々がいらしたようですが、これでは空港もよく着陸できたとしかね、この前の台風に当たらなくて良かったです。

 雅子さまのお若い時のことをテレビで見たりすると、その時の自分の思い出がわーっと湧いてきて、どうにもな気持ちになります。
あの頃は楽しかったけれど、まだまだだったとも同時に思いもします。
でも一番健康で一番闊達な時だったのかもしれないけど、できるだけそのままでありたいと頑張っていこうと思います。

 この令和元年を亡くなった家族たちに届けたかった。

posted by luce at 20:19| Comment(0) | ニュース 社会現象など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする