2020年05月02日

マスクどこにも有りませんが、なぜスーパーやレストランの店員は足りているのか?

23FCE4FE-3D37-431F-AAD3-EC2C4AB86FC1.jpg

 
先日行ったスーパー内のドラッグストア。
此方だけじゃなく、どこに行っても有りませんが、なぜいましてる人が増えて足りないはずが結構マスク出来ない人に冷たい視線が。
もうどこでも手に入らないはずが、なぜスーパーの店員さんやレストランやドラッグストアの店員さんらは毎日できるのか?

 在庫があるなら私たちに売って欲しいものです。
うちはもうすぐ、切れます!

 
政府が配るはずのマスクに不備があるそうで、昨日使ったものを週末前まで使いまわしますが、それでも5月半ば前には・・!
ドラッグストアの別のモールの角に立ってたとこで、もう切れませんか?切れたらお店どうするんですか?って話しかけたら、ニタニタしながら
、どうしましょうかねーっていわれたから、まだまだあるみたい!


 
在庫私たちにだしてーとストライキ起こしてやりたい気分です!
店員の分が何ヶ月ぶんもあるところは、市民に国民に売るべきです!

 まあ作る方法もありますが、限界はあります。
とりあえず、それも検討はしますけど。



posted by luce at 19:23| Comment(2) | ニュース 社会現象など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月15日

そう言えばの本屋さん

 このウィルス騒動で本屋さんやCD屋さんが休みに・・文房具屋さんとか。
他にも時計屋さんとかクリーニング屋さんとか、電気屋さんの修理部門とか休まれると困るところがあるんだけど、幾ら何でもネットで手に入らないものやネット販売してない作品もあるし、子供たちもパソコンばかり見て勉強して身になるのかとも思います。
 開いている本屋さんが遠くにしかなく、面倒なものです。

 こういうところや花屋さんとかギフトに関係あるところも、いくらこのような時でも週に1日2日は駅前も開いてくれないと困ります。
一部分だけモールなどの、本屋さんとかCD屋さんとか修理屋さんとか電気屋さんとか、ファーストフードとか再開してもらえないのかなー?

時計の電池交換をしないうちにこんなことになってしまって困ってます・・。
posted by luce at 09:35| Comment(0) | ニュース 社会現象など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

アナスタシア 再休演へ・・ テレビ局やラジオ局は安全なのか?電車はバスは?

なんとミュージカル・アナスタシア、ロシアの皇女アナスタシアをミュージカル化したものが一旦開演をする予定だった9日に政府の再要請で休演になったとのことです。
10日以降に観劇の予定があったので、しかもかなりいい席が来た喜んでいたのに久しぶりの一桁でしたが、政府の強要で休みになったとのことです。
宝塚より長くて20日以降にその先をやるか再協議とのこと。

 そういえばオリンピックの聖火はリレーが始まるようだけど、昨日ツイッターですごいデマが流れて、取りやめだとか検索画面にアップで出て来て誰が流したのかと。

 でも今回の件は世界各国に及んだので、そこまでするなら同時期のものは、全て取りやめるべきではと思います。
ちなみにテレビやラジオの収録にスターの皆さんやスポーツ選手、人気アナウンサーなどが出られるようだけどテレビ局やラジオ局のスタジオは本当に安全だとなぜ、言えるのでしょうか?
 むしろメディアのスタッフほど外国に行ってる人たちもいないのでは?

それにメイクやスタイリストなんて、芸能人の体に触りますよね、アナウンサーとかも触られます。
この人たちは他のお客さんも掛け持ちされているはずなのですが、本当に感染源がどこにもないんですか?

なぜテレビやラジオの収録はなくならないんですか?

 アナスタシアは主演の人たちのことをよく知りません、宝塚の方達が出られるのでチケットをとりましたがどのぐらいなのかもよくわからないままでした。
宙組でも上演が決まったとか、幸先がいいように祈りますが、劇場はダメでテレビやラジオ観覧は良いのですか?

意味がわかりません、もちろん宝塚やアナスタシアに限ったことではありません!!

posted by luce at 19:51| Comment(6) | ニュース 社会現象など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

ウラディミール・アシュケナージ氏 引退発表

先日、世界的ピアニスト、アシュケナージ氏の引退が日本でも発表になりニュースになりましたね。
八十歳を越されたとか、いつかは誰しもに来る事ですが、残念です。

アシュケナージ氏のアルバムはオーケストラとの共演のものも含め、何枚かあり以前のブログに出していました。
この前も一枚買った、お正月に聞こうと思い、まだ聴けていません。

出来るだけ早く聴きます。

実は一昨年、日本にコンサートにいらした、拝見できなかった、残念でした。
一昨年は他にも、クラシック歌手のIL DIVOや、セリーヌ・ディオンさんが来日されましたが、どれもいけず、それならいつかきっとヨーロッパに私がいこうとまで、考えています!

また、宝塚宙組の記念年でもありましたが、新生宙も今年の観劇になりました。


posted by luce at 10:45| Comment(0) | ニュース 社会現象など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

国際読解力の低下 日本は先進国とは言えないほどに・・

 読書を統計でトータルでは諸外国より先進国とは思えないほどしなくなってしまった日本国民。
人によって落差あるしプロの作家さんもいるし、ファンも同人もいる、文学部出身の人たちも沢山いる・・でも、トータルで世界ランキングは15位とのニュースが昨日流れました。
 いろんな原因を家族とも話してみたけれど、

 1、ヨーロッパとかアメリカの文化が伝わるのはいいけれど、もともとあった仏教思想の譲り合いではなく、会社や自動車事故とかのやりとりみたいに個人間でも相手の気持ちを考えず、自己主張や自我ばかりを出す人たちも増えてしまったし、
 2、造語の反乱、ネット普及で便利になった点もあるけれど、手紙のように規定文を決めないまま先に広まってしまったため、他人への敬意を払わず独自の言葉遣いが発達したり、その他諸々の言葉の別世界を作ってしまったIT産業の影響・・。
 ちなみに、私とその家族たちはメールを手紙だと思っています。うちにはそうでない人は一人もいません。
 3、そして、何より国民が自ら読書をしなくなった、映画とかテレビとかの発達もあるけれどとにかく本は多々あれど最近は、ノーベル文学賞どころか、直木賞や芥川賞の排出にも四苦八苦するほど沢山の本があるけれど、名作名作家には恵まれないらしい。
 など、いろんな要素が考えられる。
 4、さらに最も重要、もう一つには、政府の予算がどうしても戦争で負けたしまった日本は、国際とか理数系にいきがちで、ノーベル賞が科学方面で出るのは喜ばしいけれど、文学の予算はかなり低い。
 ということで、色々と思うことはありますが、あくまでも私と家族の個人の分析のトータルです。

 ちなみに私は実家のものも読書はほとんどの家族が好きです。
歴史と古典と漢詩や、西洋の文学と古典、それにまつわるような音楽や絵なども好きです。
 あくまでも個人的意見ではありますが、大方の文学に携わる人たちが同意見でしょう。



posted by luce at 12:42| Comment(0) | ニュース 社会現象など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする