2020年09月26日

花より男子 宝塚花組 録画 

最近花組のトップになられた柚香さんが、コミック原作の「花より男子」の道明寺を演じられた作品。
この作品は、高校生時代もかなり宝塚ではコードに引っかかるような内容が多くて、大劇場などでは無理だろうなとは思います。

だんだんと楽しくなっていく道明寺達が大学生になる後半よりも、前半というか一幕に当たるシーンはかなりの宝塚ではできるのかというシーンがあるんですけど、なんとかうまくまとまっていて、音楽やダンスの入れどころも良かったと思います。

全体的に賑やかな内容で学園ものらしく、それでもやはり若さを感じる内容ではあります。
私も原作を読みました、この作品は2-5歳ぐらい下の子達に流行っていて、借りて読んだ、私自身は持っていず、借りたのも二部の途中ぐらいまでで。

宝塚の花組のこの放送は再放送じゃ無いかな、確か昨年かな、二幕を途中から録画したけれど決してしまったので撮り直したような。

感想としては、F4の四人は流石、宝塚ということですが、ヒロインのつくしが思う以上です。

この人もある意味ヒロインなのでいないと物語が成立しません。

あと、類が片思いをする藤堂さんですけど、イメージ壊れてなくて良かったと思います。

漫画のイメージ壊れるの藤堂さんは怖い気がして、ホッとしました。

シーンとしては類が道明寺にビーチバレー対決だったかな、つくしを本当に類が好きになってからなんかスポーツで対決するシーンとかも好きなんだけど、あそこ盛り込まれてなかったですね。

道明寺の日本語いい間違うところが、かなり沢山宝塚にしてはあって、おかしいんだけどこういうのを大劇場とかでの公演では無いとは言え、宝塚の次期トップに当たる人が演じるのはどうかなと思ったけれど、よくできてました。

明日海さんの後を受けてトップになられましたが、花組全体のレベルが素晴らしいように思います。

藤堂さんの誕生日のシーンとか最後のクリスマスのシーンとか綺麗でした、そこは宝塚らしかった。


余談だけど先日、「ハンナのお花屋さん」や「A Fairy Tale-青い薔薇の精」も見ましたけれど、明日海さん、和央さんや柚木さんに続いて在団永く人気ありました。
新しい花組にも頑張ってほしいですね、ポーの一族もカサノヴァも見ました、生で見られないことが多い時期で残念だったけれど・・。
なんとかそのうち、花組も、明日海さんも、生でと思っています。

宝塚、花組だけじゃ無い、他の組もいい感じですね。
コロナで休みになったのが残念でしたけど、そろそろ・・ね・・。

posted by luce at 22:25| Comment(0) | 観劇 Musical レポート DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月24日

ハンナのお花屋さん/ 宝塚花組DVD 追記22:07

連休中に見たかったDVDですが色々とハプニングあり二日ほど予定していたことができない日がありました。
それで出かけるのを伸ばせなかったので見ようと思っていた宝塚や映画やドラマのDVDを平日の夜に見ていました。


宝塚花組、一番テレビでも録画か入りました、人気あったトップの明日海さんの引退がかなりの話題でしたが2017年に観劇したかった、ハンナのお花屋さん、こちら大劇場と東京宝塚ではなく、また別な面白さがありました。

主なあらすじはデンマークから出てきた花屋の店長クリスと、クロアチアから出てきたミアの恋かと思いきや、クリスのお父さん達の過去とかも、花屋さんに勤務する人たちの人生も盛り込まれています。

2648A7A2-D38B-4300-8E64-DB3324827966.jpg


かったのは夏のお休みの二週間ぐらい前だったかな、他の作品もこの主人公達ではないけど今すぐ帰省もできないので、その代わりに何か見ようかなと、ところが夏もアクシデントで、また延びる事に。


感想

もう何年も経ったので見た方も多いでしょうし、クリスの誕生日を祝うシーンから始まるんだけど、お父さんのアベルとかマネージャーのウォーレンとか、二番手さん達が抜けても脇も素晴らしい花組さんなのでした。
クリスの叔父さんもよかった。

明日海さんはいろんな役がついたけれどこの作品の後、A Fairy Tale-青い薔薇の精で退団され、花関係の作品がしかも植田景子さんの作品で続きましたが、妖精とかトートとかもされてるけれど人間らしい男性の役で、また雰囲気が違ってましたね。

バレエの花組と言われた時期もありましたが歌も演技もうまいので、もう何も言うことないです。

花組全体そんな雰囲気ですね。
少し前にBSやWOWOWで宝塚結構入りました、そのうち8割ぐらいは録画しました・・または録画に残しましたが、花組はカサノヴァも見たし、退団公演の青い薔薇の精も見ました。

どの作品も全て音楽が良かったけれど、この作品が全体を通してテーマは一番好きかな。

カサノヴァだいぶん繰り返しシーンが多かった、青い薔薇の妖精はヒロインの二幕の人生が暗すぎてちょっと、このハンナのお花屋さんのハンナさんもクリスの母親もクリスの好きになる人も大変な目に合うのですが、明日海さんの人気のバランスなのか、ヒロインや女性の家族に大変な運命が待ち受けていることがあるストーリーが多いような・・。

2017年といえば私も血縁の家族に旅立たれた少し後で、これらがその当時生で見られたかといえば突き詰められたかもなと、チケットとるか迷ったけど、今だからいいと言えるのかもしれないとも。
始まりかたと終わりかたが明るくて、まだいい感じがしました。
まあ青い薔薇〜の方もヒロインが最後は作家として再生しますが・・。

やはり宝塚だからできるストーリーというのがあると思うので、それを宝塚の演出や脚本の先生方にはどうか忘れずに、どなたと言わずご検討願いたいと思います。
どんなにいいスターさんでも上手くても、やはりそこが最近は一番肝心だなと思います。

それにしても花組は、テレビ放送数がすごいですねー・・・。

明日海さん、退団されても実写ムーランの映画の吹き替え(ディズニー)ですねー、今後ポーの一族もありますね、宝塚時代生で見られなかつたので、生で見られるように考えたいのですがわかりません。

2017年 10/22 DVD収録の口上がついています。

ちなみに私も秋生まれでーす、最初のシーンは私にも嬉しいものでしたー。


  追記 22:07. 

そういえばアンデルセンの映画DVD を家族と見て前のブログに記載していたな、2015年の晩秋でしたかねー、懐かしいなー。

posted by luce at 19:10| Comment(0) | 観劇 Musical レポート DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

Takarazuka SP2018 Say ! Hey! Show Up 録画  追記 二部 9/16 22:40

 今年しばらく前に放送になった宝塚の記念レビュー、4組と専科が集まったもので各組トップさんたち共演のものの録画を見ました。
テレビで放送になったのは、久しぶりかもしれませんね。

 今夜はPart I しか見られなかつたけれど、一組おそらく東京で公演中だったので4組だったんでしょう。
花組の明日海さんや雪組の望海さんはもう退団されたり発表されたりしましたね、星組も変わりましたね、かなり今年入れ替わり激しかったですね。
でも今はトップさんになられた人たちも、二番手などでの活躍も見られますし、知らなかったテーマ曲とダンスも白燕尾でI幕は見られました。

 月組を最近、生でも観劇していなかったんだけどDVD見ても面白そうだなと前から思っていたんだけど本当に、このレビューのI幕でもそう思いました。
そうですね星と宙と雪を生で、花はDVDと録画が多くて、月組はご無沙汰でしたが、エリザベートがテーマだけだったけれど思う以上にトップコンビがよかったです。

 今年は各劇場がお休みで、第二の首都の大阪や宝塚はもう公演できるのに、なぜ東京はまだ無理なのかと思いますが・・・。
流石にあちらが本場の劇団が、宝塚と言わず、日本には多いんですね。

 この秋冬だけでもそろそろ、生でも見られないかと東京でも思いますが、残念です。
最も宝塚は星組と雪組の公演がありますね、どうしようかな、とりあえず二幕を明日からまた見てみようと思います。
 
続きも記載しにきまーす。

二部も見ましたが一部に、ラストに轟さんが懐かしい感じの歌を、作曲家の先生が亡くなられて。

二部は、デュェツトからでしたがバウホールのテーマで、最近少なくなったような気がする和物の曲に惹かれましたが、楽しい感じのも良かったです。

 そしてフィナーレ前のMCですよね、
花の明日海さん、星の紅さん、そして雪の望海さんが引退されていかれたり発表されたりなので、宙が出ていなかったので、現役ではそのまま続けてトップなのは月の珠城さんだけに。
ああ三人も変わられましたが、どの時期から見ているのかと言うアンケートにかなり答えられてしまいましたが、生では知らない時代もありましたね。
そういえば紅さんが、香寿さんの時のラッキスターがと言う話を・・確かに声質がにてるし、でも麻路さんとかと通じる雰囲気もあるなと感じたけれどさすがにその頃はね・・。

 海外公演のテーマも良かったし、さすがにトップさん四人と轟さんがそろうと、壮観ですね。
 
 フィナーレ前はすごい曲ばかりでしたね、朝陽ののぼる前にとか、ルポアゾンとか、ラッキースターに、太王四神記ね。

 2018年の記念年の録画ですが、12/22の梅田芸術劇場で泣く泣くあきらめたのですが、録画で見られて本当に良かった。

フィナーレのForever Takarazukaと、すみれの花咲く頃はこんな時しか聴けませんね。

 また、いつか、私 Takarazuka SPは一度だけしか生で見たことないんです。

ちなみにタイトルが一部だけで記事にしたときは録画のはじめ一分ほどが抜けててタイトルが取れずでも、一曲目の歌い初めからはとれていて、それでタイトルはフィナーレ後に表記見て思い出すことになりました、
 失礼致しました。


 
posted by luce at 23:12| Comment(0) | 観劇 Musical レポート DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月26日

伯爵令嬢 ジュテームきみを愛さずにはいられない / 宝塚雪組 日生劇場/ 原作 細川智恵子 追記8/28Am 1:42

 生で見たかった公演なんですけど、昨年の観劇の際に東京宝塚で購入ました。
トップの早霧せいなさん、素敵だったんですけど退団が早かったように思います、もう少しやってくれたら生で見る機会があったかもって言う人がこの時期には多かったような。
 この時期の雪組は生で、一度だけ見ました。


60B446A2-DB7E-4324-A0DC-E705FFEB7C21.jpg


 娘役トップの咲妃さんも可愛いです。
さっき19:00すぎに一幕を見終えたんですが、二幕がしよく時の後に、しかし・・色々とあってお風呂を上がった22時ごろからなのもさらに伸びてしまいました。
 この後二幕見るかな、悩んでるんですけどね、家族には説明したんだけど・・とてもいい作品で、王家の紋章の細川智恵子さんが原作なんです。

 孤児院育ちのコリンヌには恋人が、でも伯爵家のアランが訪問の際に一目惚れを。
求愛を断りますが、本当の母と祖父が見つかってパリへ、しかし途中海難事故に遭って記憶喪失に。
アランが病院にいるときに運ばれてきて、恋人だったことにしてしまいます。
会社とかパリの案内で好感を持ち出し好きになるのですが、失明して居たけれどパリで手術してカメラマンになって居た元恋人にあい・・。

 アランの会社は新聞記者なのですが正義を貫こうと、しかし悪徳な人たちもいて貴社の一人がわなに。
そしてコリンヌを突き落とした元孤児で成り上がりの女が、見つかった母と祖父になりすまして娘になって居たけれど祖父にバレて・・突き落としてしまい・・。
 おじいさんが亡くなるのですが・・・。
 海運事故の記憶はカメラマンになった恋人と再会して話がもめ、そしてまた川に落ちて戻りました。
 しかし、アランの会社が黒幕により窮地に・・、何としても正義を貫く新聞社であろうとするところと、なりすましていたけれどコリンヌが二人いて本物と元恋人が再会したことで記憶が戻ったためにアランが再度告白するところで、一幕が終わります・・。


 一幕の感想、一本立てなんです、風と共に去りぬとかエリザベートとか、ベルサイユのばら以外では久しぶりなのかな。
宝塚100周年記念の作品です。
原作が面白いのかなと思います、確か途中までどこかで読んだ記憶がありました。

 二幕きょう見られても追記は明日かもしれません。

追記、二幕分

 二幕を28日の夜かなり遅くから見出しました。
1:00前には見終わりましたが、その後所用もあり、記載は今に。

 なんとコリンヌをたぶらかそうとしたフランソワですが意外にも鉄道王の息子で、アランの新聞社においやられて居たのでしたが、コリンヌを好きになってしまいます。
 もっと良くないのはなりすましたアンナ、最初は好感をもち友達になりたいと思うだけだったのに、しつこいのなんの世話になったコリンヌの母親まで・・。

 アランに嫉妬したリシャールだけど最後は助ける側になり仲間としての人生を選択しました。

 お母さんの美穂さんは何か和物で別の組で、体育会系だと思ったんだけど、病気のしっとりした癒す役もうまいし音域が広いですね。
歌う時に低音が綺麗で話す時は高い、いいシーンがありましたが、アランがオルレアン公の子息というのはよく考えてあると思いました。
ロシアの皇帝を父のオルレアンが煽って暗殺したのに、という過去が・・。

 早霧さんは一度だけ生で拝見しております。
でも退団が思うより早いのと作品との巡り合わせもありその後まだして欲しかったのに、と思いました。

 群舞は最初の方がこの作品は好きかな。

 リシャールの彩凪さんも素敵でした。

 アランのおじいさん風格あって素敵でした、出番が短くて、ちょっと悪役の出番・・アンナの出番が宝塚にしては多すぎた気がします。
フランソワが原作でもいい人なのか途中までしか読んだことなくてわからないけど。

 日生劇場とはいえ宝塚は宝塚なので、それらしさを失わない脚色演出を今後は、もっと希望します。

posted by luce at 22:35| Comment(0) | 観劇 Musical レポート DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月08日

エリザベート 宝塚星組DVD 1996年版 18:05追記

 久しぶりに1996年の宝塚星組エリザベートのDVDを引っ張り出してきました。
もうこれを見るって言うときは、私にとっては・・。


B4FD1EF1-AE37-4924-BE75-32501C5FE044.jpg


 あれからもう・・。
今から思えばあの時は素晴らしくあの頃は最新のものだったけれどその後も何度もリメイクされましたね。
なんていえば良いのか・・。
 
 トップでトートが麻路さきさん、フランツが稔さん、そしてルキーニに花組から紫吹さん、すごい話題になった・・。
エリザベートは白城さんで、ハンガリーの公爵に湖月さんと彩輝さんも!、
 何と少年ルドルフに娘役で二番手だった月影さん、娘役の男役で話題に・・。
大人のルドルフ絵麻緒さん、ゾフィーが出雲さんでエリザベートのお父さんが一樹さんと言う・・。
その他にも色々と・・懐かしい面々の・・。

あの頃は今とは違うことで色々ありましたけれど、もう一度これがいま見返しておこうと思った時です。
未明から明け方にかけてなぜか、麻路さんのトートがアップで3回も夢に現れて、カツラの色からお化粧からもあんな感じで。
いま、見た方が良いと。今日からお盆休みです。通常の夏より変則的です。

 ただ改めて思ったことはトップさんは大変そう、かなり頑張ってやっているけれど闇の帝王なのでクールに見せなきゃならない。
マント脱ぐとことか思うより気になるシーンみたい。
やっぱり男役は10年と言われるだけあり容易ではない感じ。

 マイクは、侍女達になると三人に一人の時代で、でも洋服からブーツからカツラまで手のこんだ手作り感。
そして、何よりも、!!、お客さんの拍手が宝塚らしく入っていて、そうだったーと!!👏✨👠
 思えば、一幕が終わってから、これはビデオでしか見られなかったけれど、その後のエリザベートで違うくみだけど、ここで隣の人泣いてたーとか、
ここで前の人拍手大きかったーとか、後の人たち、お洒落だったけど何となくそれ風のスタイル、トートぽい服装だったとかー、色々と思い出して。
 お客さん達の皆さんの反応を思い出して、星組は開演前や後で他のお客さん達と大劇場ではお話ししたり撮影したり、本当に懐かしい事も。

 そして、他の組のエリザベートとは直前の雪や直後の宙とも違うし、宙でトップになられた姿月さんに麻路さんがあの派手なブーツを上げられた事も後から姿月さんのインタビューで分かったりと色々と。
 確かお二方は学年もかなり違うし、現役時代に共演は一度もなかったんだと言われていたように思います。

 二番手だった稔幸さんの入り待ちとか、そして、のるさんは、真琴つばささん愛華みれさん、専科に残られた轟悠さんとも同期だったから同時トップで話題になったりとか。本当に色々とありましたね。
 でもこの時の星組のすごい事・・そして癒されます。

 ただエリザベートははじめがお葬式のシーンで始まるし、ルキーニを紫吹さんは長髪にして演技も工夫されてされてましたけれどアドリブが話題に、ただ、やっぱり革命の時期というか皇室崩壊の少し前の時代で、話が明るくないのでトートという闇の帝王をシナリオに想像して入れたものが、宝塚版として、今では東宝やウィーにまで逆輸入され、さらに人気を呼びましたが、とても妖艶で、最後の赤燕尾の大階段の白城さんとのデュエットダンスとか男役との群舞、
 本当に綺麗ですが、ドイツ版とかスウェーデン版になるとかなり違うらしいですね。

当時直訳のものを翻訳とは別に歌詞やシナリオをもらったけれど、その後ウィーン版を東京でコンサートのみ見られる機会があり、本当に宝塚は日本向けにそして、その当時20代だった私や10代だったお嬢さん奥さんがたにも、自我や生死のぶつかり合いよりは、愛とか希望を持たせるようにできていたり、
 本当は史実と違うフランツの立場上のお付き合いがエリザベートではなくゾフィーの進めによるものになっていたりと色々とシナリオも書き換えられていたのですが、これは本当に宝塚で日本人に向けてできてて、それが宝塚版の良いところなんだと、シナリオの点でも思います。

 もちろんウィーン版はそれはそれで衝撃でした。
でも、あれから時を経てもっと大人になり、宝塚はこれで良いのだろうと思います。

 ドイツ連邦ね・・。
ハンガリーを含む独立した国家での王国という事ですが、ルドルフが亡くなるシーンは傷ましいですね。

 しかし、ラストに赤燕尾でトップコンビがトップさんとして役ではない微笑みをされるときには本当に、感動します。
そして、フィナーレの大階段からの男役演舞の後の全員でのラストは一緒に歌ってしまいました。

 下書き初期投稿  16:54



posted by luce at 17:17| Comment(4) | 観劇 Musical レポート DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする