2020年01月15日

イスパニアのサムライEl Japon ・アクアヴィーテ!! / 宝塚宙組 観劇レポ

先日から記載の通り、宝塚宙組を観劇して来ました。
生での観劇は久しぶりでしたね。
宙は久しぶりでした、一昨年から宙は観劇したかったんですけどね。

東京とはいえ(宝塚ではないけれど)、ロビーに入ると赤い絨毯にピアノのあるロビーがあり、階段をまたはエスカレーターを上るだけで何か空気が違います。

指揮者の方が入られイントロが鳴って、トップさんの開演アナウンスが入ります。

イスパニアのサムライ EL JAPON


あらすじ

1613年、奥州は伊達家、仙台藩が派遣した支倉常長の一団はスペインへ。
蒲田治道もともにアンダルシアへ、支倉たちはスペイン国王に通商交渉を願うも、膠着していたらしい。
郊外の農場に滞在させられるが、誰かに追われ逃げて来た女性を治道は助ける・・、そして彼女たち日本人の女性たちが奴隷にされたことを知り、宿屋に預けられることになるが、その宿屋の女将カタリナは、未亡人になったばかりでドン・フェルディナンドから土地も彼女も目をつけられていた・・。

感想

まず、伊達藩が派遣したこの人たちの物語は本で多少は読んだり耳にしたことがあります。
日本史でもかいつまんで習いました義務教育の歴史でも。
でも、細かいことを知りません、サブストーリーと言えるほどではありませんが、蒲田は日本本国で殿様を守れず(剣の奥義を極めたにも関わらず、守れず恋人が自害します。)
その弟、藤九郎、夢想願流の蒲田の弟子でありながら、姉が一揆ののち自害したとして恨みを抱き、報復のため蒲田について回りますが・・。
この一揆のことが今ひとつ、加賀藩と言われたところで育った私には・・でも私の片親は東北の人なので、それも伊達なので・・、でもあんまり詳しくは知らないんです。

そして支倉の交渉の失敗はなぜかスペイン国王にとっては、ローマに行ってなかなか戻ってこなかったから・・、ということになっていました、劇の中では。
一時間半ぐらいでやらねばならないので、伊達は仙台藩でのことや、ローマのことは知っているものとしてスペインでのことのみになっていました。

そして奴隷の女性たちなんですが、九州から東北まで、いろんな方言の人たちがいました。
ふと思いました、日本中からそんなにどうして女性の奴隷がスペインに?

初めは緊張からか堅かったトップの真風さんですけど、だんだんと柔らかい演技が見られるように。
まあ難しいです、そして剣の練習を結構されたと思います。
また、国での過去を背負っている感じをどうしても出さないとならないシーンもありますが、お芝居にそのシーンはないので色々難しかったと思います。

娘役トップさんのカタリナの星風さんが現れるまで今回は割と長かったかな。
その前に奴隷で剣を覚えたいってセリフを言われていたのはハル?、最初に助けられた奴隷?、天彩さん?、
なかなか良かったと思います。
カタリナの星風さんですけど、割にそのままぽくやれるのに対して、トップの真風さんの作り込みは大変な気がしました。

ドン・フェルディナンドの英真さん、長いですね、専科で、
今では宙組では、寿つかささんの支倉とともに、私が見て来た時代から続けていらっしゃるただお二方になってしまいました。
なんだか知っている人が減ったんですけど、トップさんたちが入れかわってもいてくれるっていうのは、いいことです。
お二方は、本当にお芝居がうまかったです、宝塚の専科ってむしろ年配とか出ないとできない味もあるし、脇役でありながらトップを立場としても役柄でも支えなければならない、その点、お二方は申し分なく素晴らしかったです。

カタリナの夫の友達アレハンドロとフェルディナンドの息子エリアス。
二人は要所要所で蒲田に関わりますが、最初と最後に登場するアレハンドロは謎の人物でずっと?がついたままでした。
この人は初めから助ける側でしたが、カタリナが蒲田をすいたことを知り、身を引きます。
なんと後から正体がわかるのですがただの用心棒だったわけでなく、公爵の息子です、最後に父に頼み蒲田とカタリナを国王に謁見し、正規兵を引き連れてしかも国王直属の軍隊を引き連れて、解決してくれます。

エリアス、優秀ですが父の力で貴族に、でもなぜか剣術学校で優秀でアレハンドロと成績違わず蒲田と一騎打ちがしたくて仕方なく、その点、父よりまだかなり純情でもありました。
大事な決闘の殺陣の見せ場にいなくてはならない人です。
この二人は要を抑えていたと言っても過言ではありません。

そのほかにも面白い登場人物がいて、日本から来た神父さんとか、フランス国王ルイ13世の妻になる・・まだ王女時代のマウリシア姫とか。
スペイン側の登場人物のほとんどか、史実で、支倉の洗礼に出席していました。
本国は伊達政宗とか・・。

でも芝居だけでショーがついているため、時間がさらに短くて、農場の奴隷たちを解放してカタリナと結ばれるまでの話だけに収まっていました。

ピエロの役の人たちの歌がとてもうまかったなと思います。

トップの真風さんなんですが、だんだんと柔らかくなって、最後にキスシーンの後ちょっと照れた感じで花道に。
なんとなく不思議な感じで、娘時代憧れたトップさんという位置ですが、今では私の方が年上で・・。
男役といえど女性なのですし、微笑ましい感じで、癒されました。


休憩を挟み、レヴュー、アクアヴィーテへ


水をテーマにしたのりのいいラテン系の音楽も盛り込んだショー。
なんとなく真風さんの表情和らぎました。
楽しく明るい感じの多い、でも宝塚らしいショーでしたね。

途中、ウィスキーの曲で花道に降りられて声をかけられるシーンもあり、みんなでコップのグッズを振るシーンも。
そういえば、トップさんにコップを客席からセンターで渡されたのは、星組の柚木さんで、観劇にいらしていたんですね、場内湧きました。
あ、その前に、ショーで初めの方で、何か客席に渡すシーンも下手でありましたね。

センターと言えるほどではなかったけれど、男役さんたちの見栄を切る位置に近くて、よく拝見できました。

歌もダンスも素敵でしたけど、なぜかお芝居の方が良かったと思います、というのは武将の役は難しかったと思います。
それもスペインに行った人の・・。
あれは簡単にできることじゃない。

最後、ダンスしながら終わるの良かったです、衣装も華やかで綺麗でしたし、音楽良かったです。

グッズのコップ買うか迷ったんだけど買わなかった、その代わり他のものを色々と買いました。

トップの真風さん、花組の明日海さん以来、だんだんと柔らかい感じの人続いてるなと思います。
凛とした方達が続いた後、少し時代の流れなのかな?、何か求められる要素が宝塚のスターにも観客の意向が変わる時期があるんですが、ほんわか柔らかく微笑まれていて、癒されました。


ちなみに柚木さんのナポレオン生で拝見しましたが、その後家族が病気したりして、なかなかいけなかった、風の又三郎がテレビで入ったの録画しました。
またそのうち見ます。
柚木さん、スポーツ選手みたいな服装、出で立ちでしたが風格ありましたね・・。


posted by luce at 15:30| Comment(3) | 観劇 Musical レポート DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月23日

サン・テグジュペリ/Conga 宝塚花組

B3229EB9-A0D3-4B76-89B4-C96C2FE86513.jpg


一昨年買ったDVDです、久しぶりに出しました。
蘭寿とむさんトップ時代。
二番手から下の方達も懐かしい顔ぶれです。

 テーマソングの、「本当に大切なものを失くしていませんか?」のセリフのような歌には、ハッとさせられます。
歌詞はその前後もいいです。

 コンスエロ、マヤ族の子孫、未亡人、熱烈な告白の末に結ばれますが、なぜかそのあとは操縦と創作の日々ですれ違いが起きて行きます。
でも砂漠に不時着したりして生還したり、飛行士仲間との友情には暑く・・。
不時着した時のことを本にしたり、仲間や友達のことを書いたりも。
 そして戦争に・・。
ドイツがフランスを負かしますが、飛行士仲間たちも志願して亡くなるのですが、主人公も最後の本となった星の王子さまをコンスエロに渡して・・。

 サン・テグジュペリの伝記と星の王子様その他何冊かの小説を読んでいないと、突然妄想のシーンが出てきてまた現実の世界に戻ることを繰り返すので、詳しい人ほど楽しいようにできています。
 貴族の家柄なので、マヤ族のコンスエロがいくら有名だったとしても家族たちから受け入れられなかったようですね。
その頃からうまくいかなくなったようです。
 その反対も現実にはありますよね、貴族や武家の子孫とかがそうでないオタクの子供達が結婚後、嫁ぎ先でうまくいかないということもあるようですね。

 アンリを雪のトップさんになられた壮さんが、蘭寿さんとはまた魅力が違いますね。
コンスエロを蘭乃はなさんが、メルモースを愛音さんが。
ユダヤ人ジャーナリストのヴェルト、汝鳥さんが、専科に長い間いらしてホッとします。
ホルスト、現在雪トップの望海さんが演じられています。
まだ若くて可愛い一面も見えます。

 花組らしくバレエのシーンが素晴らしいところが多々あります。

 ショーのコンガはブエノスアイレスの感じですね。
華やかで賑やかで熱い感じだけど、どっちかといえばお芝居の方が好きかなー。
 最近、娘役トップさんも身長高い人多いですよね。
 花組も蘭寿さんがトップになられた際に、これまでとかなり雰囲気が違うなーと新鮮に感じましたけれど、やっぱりどこか花組です。
蘭寿さんといえば戦国BASARAがいまだに私の好きな作品なんですけど、時代劇うまいと思うんですけどね。
若手の頃にも和物されてていい感じだと思ったなー。

 なぜかサン=テグジュペリは字余りの歌が多い気がしましたけど、テーマソング、ラストに改めて聞くと、本当にいい歌です。

 
posted by luce at 19:00| Comment(0) | 観劇 Musical レポート DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

風と共に去りぬ / Gone With The Wind /宝塚星組DVD/神奈川県民ホール・収録口上付き

 引っ張り出してきました、宝塚不朽の名作の一つになった、アメリカのマーガレット・ミッチェル著の小説を舞台化した、風と共に去りぬ✈👜🍸
星組の地方公演で、久しぶりの再演とあり見たかったんですが、生では無理で今年の春にもう少し前かな銀座に出た時に買ったDVDがあり、一部だけ見た記憶が。
 なぜ二部を見なかったのか思い出せないけどその時は他のこともしていたんだと思います。
一時間ほど前に見終わりました。

335C18B2-BCEF-4A1C-9214-34D76C682394.jpg


風と共に去りぬは、一部のラストにアトランタの炎上とタラへの帰省を持ってきており、アトランタ炎上と共にタラの崩壊ぶりが描かれます。
宝塚のシナリオには2パターンあり、スカーレットが男役で心の中のスカーレット2を娘役がやるタイプと、娘役トップがスカーレットを演じるバトラー編があります。
 こちらはスカーレットが二人出てくるタイプでした。

 レット・バトラーが紅ゆずるさん、スカーレットが礼真琴さんと、いいコンビです。
礼さんの男役とは違うスカーレツトぶりに驚きましたが、スカーレットは小説では、決しておてんばだとは私は思わないんです。
もう少し後から触れます。

アシュレが華形ひかるさん、成長されましたねー、驚きました。

 マミー、美城れんさん、この人なんども繰り返しいろんな組のいろんな風と共に去りぬを見るうちに、欠かせないキャラで演技が相当にうまくないと大事なシーンに必ずいる人で、焼けただれたタラにスカーレットたちが一部でついた時、最初のセリフがなんともです。
 そして、最後の階段落ちのシーンですね、その前にレットが心の内を話す相手がこのマミーなので、なくてはなりませんね。
マミー無くしてできません。

 スカーレット2、夢妃杏瑠、娘役さんなんですが今まで見た中で相当よかったと思います。

トップの紅さんたちもですが、再演が何十年も前からの作品は難しいと思いますが、紅さんは表情豊かで今までのバトラーとは何かかなり違いました。
肝心のセリフも、今までのバトラーと違う部分がかなり。
 みなさん本当に工夫されていると思います。

 もう一人、ベルの天寿光希さん、このベルが歴代うまいと思います、宝塚は、なんだかこの役が当たる人たちに感じのいい人たちが多いのが思い返されます。今回もでした。

 スカーレットのお父さんが出てこなくなったような?、私の記憶違いか?
まあいいとして、DVDは暗転と幕間の客席が映らなくなったんですねー。
暗転のシーンはもう少し何か工夫が欲しいですが。
幕間少しあったほうがいいのかなと思ったけど、二部との間がメニーで切れるようになったので無くしたんですかねー。

 第二部、ちょっと説明的な部分が少しだけ増えたのかな?
スカーレットとバトラーが結婚して北部の人たちとビジネスをして再興をはかるのをよく思わない人たちから、嫉妬されたり批判されたり色々なんだけど、アシュレへの片想いとかを結構言われがちなスカーレットだけど原作では、第三部とは言わないまでも続きがあり、二人の間に子供がうまれて亡くなるのが離婚のきっかけなのに対して、宝塚は階段落ちとメラニーの死がきっかけになります。
 かなり作り変えてあるのですが、宝塚の感想と星組の感想を書きますと、

 戦争に敗北した南部の誇りを捨ててまで街を立て直した二人に、それができなかった人たちや北部をそのまま恨んで屈折してしまった人たちが羨みから、アシュレのこその他を取りざたしまがすが、見ていてひとつ気が付いたことが。
 メラニーのことでバトラーもアシュレも、そしてミード医師も、スカーレットの強さというか前向きさに、気がつくのです。
倒れてばかりのメラニー心は綺麗だけど、現実と向き合って生きているスカーレットをこの人たちが評価することを、特にミード医師の妻が嫉妬していたのではないかということを、なんとなく思春期から、風と共にさりぬを見てきた私は、ふと思いました。
 ミード医師の評価に対して、ミードの奥さんのスカーレットへの評価があまりにもメラニーと対照的なのは、夫婦なのにかなりずれていて、いつも不思議でした。
 もちろん小説にも街の人たちのことは出てくるんだけど。

 それにしても南部には、マーガレット・ミッチェルという主婦から小説家になったすごい人が生まれましたね。
一部のアトランタ炎上とタラ到着のシーンは、何度見ても二部の階段落ちのインパクトとは違う意味で、心を揺さぶります。

階段落ちのシーンですが、地方公演なので大階段がないということに、随分後から気がつきました。
私もまだまだ、ですね。
その分客席に近くてよく見えていいですね。


 風と共に去りぬも宝塚で長くなりました。
実は宙組もあります。
年末か年始にまた見てみようと思いますが、たまには私が思春期から20代だった頃の作品も見てみようかなと思います。
あの頃は雪組、月組、星組と見ましたかね。
 実は地方公演の風と共に去りぬも一度だけ見たことがあります、懐かしいですね。

 あの頃、宝塚大劇場横で扮装した写真で、スカーレットが娘役の中では同期に一番人気だったけど男役を含むと、そんなに決めポーズがうまくないのに、トート(エリザベート)がなぜか一番人気でしたね。
 テレフォンカードも作った、でも、メイクさんや衣装さんが感心してくれたのはフランスの最後の王妃アントワネットだった、あれはドレスで気分が入って私の目つきが役に入ったのがわかるほど変わったと・・周りにいた他のお客さんたちやスタツフさんからまで・・。
 なんとなく演技者の生徒さんの皆さんの気持ちがわかった気がしましたね・・。

 今はもうそんなことをしなくなりましたが、まだ青年期の懐かしい思い出です。
でも自身で一番自然だと思ったのはスカーレットだったけれど、周りの方達が評価してくださった二役も扮装とポーズだけだけど嬉しかったです。
トートは難しいですね、あれは私には難しい、バトラーはさらに人間の男性なので難しい(笑)。

 そうでした、神奈川県民ホール、地方公演の初日、組長になられた万里さんとトップの紅さんの口上が。
本日はDVDの収録が入っております、何度も何度も繰り返し見て欲しいとのことでした。
 
 そうですね。

 それにしても、年末に入りました。
クリスマスがもう直ぐですね、帰省される方達はお気をつけて!!
私は今年は帰りません。



 
posted by luce at 18:27| Comment(4) | 観劇 Musical レポート DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

ストゥーパ〜新卒塔婆小町 / ブリリアホールこけら落としOpera / 指揮・西本智実

9D74515A-4F86-4B60-9F62-6B88AF116989.jpg


 豊島区に新しくオープンしたブリリアホールで、佐久間良子さん主演の小野小町(能の小町をOperaにしたもの)が再演されたので見て来ました。
素敵なホールで三階だったけど2列目でちょっと座高によっては前の柵が目にかかって見にくい時もあるのですが、比較的ステージ近くで見られて良かったです。

 中井美穂アナウンサーが初めに西本さんにインタビューされて、少し音響とかの解説もありました。
知らずにいらしてあーっとかおーって歓声あげられるお客さんも。


A3F6932C-31AC-422B-B4DC-94B875DD160A.jpg




 能の感じの庭をセットで作ってありましたけど何となく里帰りしたみたいに癒される空間で、そういえば故郷の瑞龍寺で薪能を母と何度か見たことがありましたが、小町はなかったなーなんて開演前とか演奏の合間に何となく思い出したりもしました。
 宝塚元トップの杜けあきさんが僧の役で出られていましたけれど、始まり方が素敵だったなと思います。



 小町が年をとってからなんですけど、佐久間さんのセリフとかを母が好きだった時期があり、私は杜さんを宝塚在団時、退団公園だけでも地方からどうしても当時見に行きたかったけどできなかったので、生で拝見できて嬉しかったです。
 杜さんは声が素敵でセリフも歌も上手いと思ってましたけど、歌は今回は合唱団が全てを担当していたのは、能のイメージがあるからなのかなー?

 最後の方で、深草少将演じる中村扇雀さんの叫びのような語りのような何とも言えないセリフが素晴らしかったです。
歌舞伎の感じも出ていましたけれど、他のお二人の女優さんとはジャンルが違うんだけどジャンルの違う三人のトリオが素敵でした。

 音楽で和歌を歌うのですが、イルミナート合唱団から男性四人が抜擢されていて、最後は一緒にステージで拍手を受けられていましたね。
首席奏者の方達も。
フルートとか太鼓とか、合間合間の和風の音楽ですけど全てオーケストラの楽器で出されていて不思議でした。

 暗がりの転換や花吹雪も素敵でしたね。
佐久間さんや杜さんの目線は3階でも素晴らしく届いておりました。
が、終演後、二階席におりて見て見たらセットの模様がはっきりと見えたので・・いつかもし機会があれば今度はS席を確保できたらなと思います。


C9FF17FB-8172-46BA-8AC8-518AE1E1F806.jpg


 素敵でしたね。
小町は年をとってからのイメージが良くない感じを後半で一気に転換するシーンがあって、バレリーナの方がうまく面をつけて舞を舞われて、和風なんたけどバレエの良さも伝わったし面白い試みだったと思います。
 
 最後現代で工事のシーンでまた同じことが起きるんですけど、場合によっては現代のシーンはなくてもいいような気もしますが、Operaになったので・・。
特に杜けあきさんの和風の男役は何とも素敵で、声質もやっぱりその方が素敵で・・、もちろん女性の管理職になって本当は今は女優さんのなのでその違いを楽しめもします。
 どちらがいいのかなあ?
和風の男役、僧侶だけど本当にあの頃と変わらないぐらい素敵だったですけどね・・。

04F874EE-7F3E-47D8-A10C-1A946AC974CF.jpg



 三人ともうまかったです、あと西本さんはあの暗さの中でオーケストラの人たちもね・・オケピットを花道がわりにして、近くてよかったんじゃないでしょうか。
 字幕も和歌とか古典が忘れていても苦手でも、横に出ていて楽しめる感じもいいと思います。
でも小さなお子さんにはテーマが難しいと思います、大人から中学・高校生ぐらいで何とかわかる世界かなと思いますけどね。

 百夜の世界なので、小町が神格化じゃないけど怨霊まで行かないか、地縛霊みたいになって何だかかわいそうでもあるんですけど、素敵でもありました。



posted by luce at 23:28| Comment(2) | 観劇 Musical レポート DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

ポーの一族 宝塚花組

 録画見ました。
素敵でしたね、原作は萩尾さんの漫画ですが、最後の方はアンリと・・。

 それから宝塚的にうまくアレンジしてあったけれど、キャラクターのイメージは壊れていませんでした。
妹と主人公が対照的で、妹が潔癖すぎて、いい御宅の2番目とかにたまにメリーベルみたいな繊細すぎるタイプいるんですけど、兄の方は対照的でしたね。
まあ兄も血を吸われたときは、なかなか起きなかったですけどね。
 メリーベルは1巻からしてあまりに兄に依存しすぎてて好きじゃなかったけど、なんとなく・・、十字架のシーンとか何とか持たないと家族も危険にさらされてしまうのに、できなくてモドカシイですよね、あそこはメリーベルの頑張りどころの筈が、とてもイライラする妹です。

 男爵が最後にああなるのは思う以上に残念ですけどね。
アンリだけど強がってても少年で、根は優しい子なので。
本当に明日海さんとのコンビネーションが良かった気がします。
なんか明日海さんたち、バリバリのトップさんなのに、よく少年の役を見事に演じたなって、でも最初出て来たときは割とトップさんの顔なんだけど、1幕のラストには、本当に成り切ってますね、役にね。

 専科さんたちも娘役トップさんも申し分ないですね。
メリーベルもうまかったですけど、原作のキャラ自体が苦手・・。
アランもね、確かお母さんがいい家の出みたいだけど、ブルジョワのお父さんとうまくいかなくて可哀想ですよね。
でもブルジョワといっても群を抜いていて、貴族たちに混じれる家柄なんですね。
育ち方は、主人公と似てるから、気があうんですね。

 何となくわかる気がします、二人は似てる!

最後に曽祖父の本を持ってる同級生と、二人で転校した先で出会うんですね。

 花組、上手い人たちばかりでしたね。
退団公演も人気なのわかります。
私も生で見たかったな・・。



posted by luce at 22:55| Comment(2) | 観劇 Musical レポート DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする