2019年08月14日

エリスマン邸のピアノ

イギリス邸のホールのピアノより素敵で威厳がありました❤🎂🎩🍸

AFFC7C1A-1DFE-40E0-B638-6F7F78082A16.jpg


演奏してみたかったな、弾けるんです。

posted by luce at 23:23| Comment(0) | 美術館 博物館 歴史館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

エリスマン邸および横浜の山手へ

 もう日付変わったけれど、久しぶりに横浜の山手へ出かけてきました。
なんだか懐かしい感じ、海と山が近くて山下公園やみなとみらいに行くこともありますが、こうして山手付近に来るとなぜか故郷と少し似ているような。

あそこもやまと海が近いので、確か日本には山から海が見える場所が三箇所しかなくて、その二つに横浜と私の故郷の二つが入っていたはず。
もう一つはまだ全く行ったことがないはず。


98A72A5C-8594-43A9-B38F-FF7DB9FE2CC2.jpg


 ただ横浜は今では開発が進みすぎて妙に何か違いますが、それでも気持ちのいいところです。
異人館の墓地の方とイタリア庭園とかは何度か行ったことがあり、今日はイギリス館の方から岩崎邸を見て、そしてエリスマン邸とコンサートホールの方、そして、最後に港の見える丘公園へ。
 フェリス女学院、いっとき受験を考えたけど結局受けなかったし、行かなかったな。
暑かったけど夕日が沈んで行く様子が、綺麗でした。
今年は帰省をしない代わりに、こんな楽しみが、空いていて、海と山とに挟まれてこんな夕日が見られたのは本当に、久しぶりでした。

 そういえば先の記事にお土産を記載したけど、ミュシャの展示も一部ありましたね。
少しだったけど。
それにしても横浜の市税でこれだけのことがただで見られるなんて。

 そう、8/12は祝日、山の日、なのでしたー🐶🎵🚗☕
まだ続きがありますのでまた明日にでも。


posted by luce at 00:24| Comment(0) | 美術館 博物館 歴史館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボールペン ミュシャ展 お土産

 こちら渋谷であったミュシャ展のお土産のボールペン。
どちらを私が使っているかは秘密だけど、お気に入りの手帳に色味を合わせて使うのが好き。


1309195C-7C5A-4D1F-9B92-8349A1BB4485.jpg



 美術館や博物館でペン類を、ノート手帳類を必ずしもではないけど、いくつかの気に入ってるところで。
それが私の方式。

posted by luce at 00:09| Comment(0) | 美術館 博物館 歴史館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

ミュシャ展 / ザ・ミュージアム

ミュシャ展に先週行って来ました。
東急文化村内です。
どうしても上野に来た時に見たかったのに見られなくて、行って見ました。

写真撮影可能なコーナーがあって数枚撮った中の一枚ですが、なぜか人気がありませんでしたが私が気に入ったものです。
どうしてかはあえて記載いたしません。
まだまだ展示があってあんまり内容書くと見に行っても楽しくないし、その人だけのインスピレーションてあると思うから・・。
フレーム加工もして見ました、私の心の中の印象ですがいくつか候補があり、二番目にいいと思ったものです。


8B25E7B5-3923-4FDF-82BE-FA4CCB6B90F1.jpg



途中ゲーテやシラーの後に、ミュージシャンのアルバムのジャケットデザインした人たち、影響を受けた人たちのコーナーがありましたが、かなり路線が違うものもありましたしいいものもありました。

色々と面白い絵もありましたが、最後に影響を受けた漫画家さんたちのコーナーが。
ただ、三人目からはガラ空きに。
でも、最後にアルスラーン戦記とロードス島戦記の人たちの絵があって、私はそこは止まりました。
でも一番空いてましたねー。

他にもミュシャのはQポーズモデルの最初の人だとかで、その絵が私は気に入りましたがそれはとても革新的なもので歴史的にも有名らしいけれど、そちらも空いてましたね・・。
他にもまだ気に入った絵がありましたが、全部ミュシャのでした。


posted by luce at 23:50| Comment(0) | 美術館 博物館 歴史館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

ウィーンモダン クリムト シーレ世紀末への道

実はハプスブルク展に行くつもりが勘違いでまだ始まっていず、そのつもりで昨日夕方のぼったため、国立 新美術館に行く先を変えました。
そして、ウィーンモダン展を見てきました。


C256448F-A506-4F75-8119-912010F6F9D4.jpg

思うより混雑がなく、金曜のみ、夜8時までのため、4時半ぐらいの入場でも十分ユックリ。

今回は俳優の城田さんの解説も聞きました。
貴族のおわりの時代からクリムト、万博、マーラーやロダンまで4部屋。
絵画から服飾品、食器、版画に建築、音楽に彫刻など幅広く。
見応えあります!

私は会議は踊るの映画を前にみて、以前のブログを退会する直前記事にしてました。
クリムトのオペラの絵画は細かなお客さんの描写が凄いです。

あとフランツ皇帝とエリザベート王妃の絵画は素晴らしいです!

シューベルトにマーラーにロダンまで、そして、クリムト、ロダンとクリムトはマーラーの葬儀に出てます、この作品が最後にあります。

クリムトは意外に少なく、メインタイトルにするには大阪で2017年にクラシックコンサート前にみた国立美術館のものの方が良かったかなと思います。

他にもまだインパクトに残る絵があり、もう一度いってもいいかな、写真のクリムトの絵の隣の、流行りより普遍をThemaにした服が好きだなー!!!!!
そちらも有名な人の作品でした!

まだ絵画にも好きなのがありましたが色々あり今思い出せず、昨夜脳裏に眠る前に浮かんだけど話に出来なかった、疲れてて、それきりです、もっと話したいんだけどもう一度一人でマイペースにみたいなと。

ただしこの時間では帰りが満員電車になるから🚃早く行かねばなと、なんとか出来ないかなと思ってます。

写真の食器とネックレスは展示品のみの美術品、メトロノームはベートーベンが難聴のため自分自身で開発したものです。
素晴らしいものでした。


posted by luce at 20:46| Comment(1) | 美術館 博物館 歴史館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする