2020年01月02日

Spring 11月号とミッキーの時計

870F431F-F1CF-44D5-9859-3A9768AF02F0.jpg

雑誌付録に時計が?
内容も良さそうだったから買ってみたら、やはり服とかメイクのことなかなかでした。
ミッキーの時計はベルトのかえが二つもついていて便利。
時間もみやすくわかりやすいです。
いつつけようかなと思ってたら、初詣になりました。
時計は親とか祖父母や親戚や先生からのギフトのいいものもありますが、たまには楽しい気分で!
浅田真央さんのフェニックス綺麗でした、インタビューもありました。



posted by luce at 12:16| Comment(2) | Books 雑誌 新聞記事など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

とんがりモミの木の郷 他5篇 / セアラ・オーン・ジュエット

3A05CBF8-7EF0-4A7A-9527-04D1D1883691.jpg


 秋に手に入れた本の一つ、アメリカの作家さんの作品。
ずーっと作家の男性が避暑地に来て、近所のお花好きのおばさんを観察しつつ、仲良くなり、その土地に馴染んで行く感じ。
アメリカにもこんな所あるんだなっていう、山と海が近い場所で素敵な場所だけど、都会から来た作家には初めのうちはヘンテコで何にもない場所にしか感じないらしい。
それがだんだんとその良さがわかって行く感じで、人見知りの引きこもりがちな人を、快活で朗らかに変化せていく様子が面白い。

posted by luce at 22:27| Comment(0) | Books 雑誌 新聞記事など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

山と渓谷 2月号

73E4419E-44E0-4968-9B6A-AF1F4924CB32.jpg

コメダ珈琲店のある支店に春ごろにあった山と渓谷という雑誌。
トレッキングの厳しさが伝わります。
これから山は怖いです、山の近くで育っただけにか?怖い気がします。
私はもうこんなことはできません。
せいぜいバスや自家用車でいける範囲かな、トロッコとか。
でも、体力があればやってみたかった、できる人が羨ましいです。




posted by luce at 23:33| Comment(2) | Books 雑誌 新聞記事など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

anan 美しい日本語特集

7FA7F053-7ECB-4792-BFB8-5E011265A83A.jpg

以前のブログに出していました。
でも訳あって全ての記事を削除し退会したんだけど帰省の最中に家族がどこにやったのか?
中古で取り寄せたらクリアファイルまでつけていただきました。
そう、わたし凝り性なんです!

綺麗な日本語特集、綺麗でしたし再発見したことも!
秋元康さんや林真理子さんのコラムやインタビューも良かったんです!

中身を再度読み返そうと取り出しましたが大体覚えてます。
表紙の杏さんの映画やドラマもみていたなー。



posted by luce at 16:12| Comment(2) | Books 雑誌 新聞記事など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

マラルメ & ヴァレリー詩集 / 世界詩人全集10

箱入りの本をもう一つ、フランスの詩人、マラルメ・ステファンとポール・ヴァレリーの詩集。
詩人全集は中国とかイギリスのは母の書棚とか、図書館で読んだことがあるんですけど、フランスの人のを実はずっと欲しいなと思っていました。

6C5C1AD4-7881-402E-9B08-F0666CFC24C7.jpg


黒い箱に赤の表紙、カバーもかかっているのは久しぶり。
ただ中古で、やや黄ばみも。
そして独特の匂いも、古本ならではですが比較的綺麗で触るのに抵抗もありません。
ドイツとかフランスとかはロシアの文豪よりも読んでないかもしれませんね。

なんと箱の裏にはバラの刻印が、そして本の裏表紙にはお二方のサインが金字で刻印されています。
  (なおそちらの面はコピー防止のため、写真を記載しておりません、あえてない方を記載しております。)
さすがFrance、洒落ています🍸✨🎠🎩


4CA02B79-85FC-4B01-B991-8FD5B47A41FC.jpg


 詩はマラルメの詩から始まっていますが、この最初の詩には感動しました。
どうしてなのかはあえて書きません。
学生時代、イギリス以外の詩人のものはなかなか読む機会に恵まれませんでした。

図書館にあっても、小説を優先していたので、Franceなら三銃士とか、ああいうのよく読みましたね。
映画のチューリップの騎士も好きでしたね。
あとはデンマークとかオランダとかの方が童話とか詩人も読んでいた気がします。

 本の箱と裏表紙に刻印がある本なんて、中学の図書館以来じゃないかな?
しかも大人になって手にできたのは本当に嬉しいです🔑🌙🎁☕

 追記、10/28 00:22

実は二年前か3年前に文庫で買ったんですけど、帰省中にどこかに家族に仕舞われて、それきりで。
中古でこれを見つけたんです。

posted by luce at 18:59| Comment(0) | Books 雑誌 新聞記事など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする