2019年09月12日

大風水 10話まで

 レンタルが少し遅れたけれど面白くなってきました。
忠臣のイ・ソンゲ将軍、大切な部下を元の人じちに取られてしまいました。
そこには元の宦官となんとイニムと巫女の息子ジョングンが。
 部下と一緒にいた風水学者の教授は恩師ですが一緒に捉えられることに。
あの時代、政略に学識が叶うはずもなく。

 百済の王様、部下たちの内部の裏切り者を煽り出すための策をかける。
命をかけてくれた宰相に、皆で王様を裏切ろうと言わせるが、反対したソンゲ将軍を閉じ込めて、部下を救わなければと訴えられるが忠誠より他にはないとそのままに。
 ここでソンゲ将軍と宰相の忠誠心がありながらも、方針の違いが明らかに・・。

 百済の皇后さま、オンジュがいないととても出産できないと解放を王に願い出る。
念願の子供だったため、王は出産までの期間とだけと、オンジュを警護付きで王妃のそばにつける。
王妃は体調が良くなるが、どうしても実の息子を探したいというオンジュに(王様のいとことかまた従姉妹とかで西洋などでは公爵家や伯爵家の令嬢あたりに匹敵するらしい。)、それではまた王様に閉じ込められると差し止めるがオンジュは、何故かせいぎょん館で調べ物をしたいと言い出す。
 そこで過去に捕まえた王妃殺害未遂の下手人の知り合いだと思われる?、実の息子のことを思い出す・・。

 どこかで会ったとは思うもののせいぎょん館で出くわした二人!
また、オンジュの問い詰めが始まった。
そこで母の形見の玄武の印籠の型を見つけ、王室の系譜をヘインに見せてもらっていた息子だけど、なんと四柱推命の偽の学士を名乗っていた。
よく知らなかったが星の、宿星の占いは方式が違うので、クンムという巫女から敵視される側面は、異性の奪い合いというかクンムの一方的な嫉妬にも会ったけど、占いの仕方が違うことでの立場を守る競争意識もあったようだ。

 イニム、ジョングンが高麗のまたは元の配下として勤めているのを知っているのか知らないのか?、新しい妻、この人もオンジュのように良妻賢母型で、なぜクンムなどと以前は結びついたのか不思議なほどです。

 息子は相当知らず、母もそうとは知らず、過去の拷問の記憶が蘇り逃げ出した。
が、配下に見つかることに。


 感想

 文字で語ればこんなものだけど、俳優さんたちの演技からセリフまでよくできていました。
面白いです!
古典や歴史の本を読んでいるみたい!

ソンゲ将軍はこのあと、命がけで副将の救出に向かうようですが・・命がけの宰相との互いの忠誠心は強いものの部下を選んだ人と、王を選んだ人との食い違いが新たに生まれるような?
 オンジュの女優さんが、あまりに優しくていい人そうで清純そうだからか?、女優さんが交代になった?
前の人のままじゃダメだったの?

 でもまあ主人公は息子なので。
この息子、男子とは思えないほど勘が良く、せいぎょん館の床が木の文字の形に通風孔ができているのを見抜きます。
玄武とかの四神が、周りに柱に飾られているのも。
そしてオンジュしか知らない秘密の部屋の扉を、発見しかけました。
 偽物を名乗りましたが、国宝級の書物を読まずにほんの数日で、生徒たちが誰も見抜けない謎をとくだけ、能力はずば抜けた天才のようです。
能力は本物のようで、面白そうです!



posted by luce at 17:59| Comment(0) | Dorama's DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

蘭陵王妃 16回まで

 本当に面白いですね、ただ台詞に息つく暇がなくて、少し間合いがなさすぎる気がします。
周の斉との統一前の、宇文ようが国王になる前の王様のセリフが、シェイクスピア並みに長いですね。
脇役さんたちも演技うまいし衣装とか髪飾りとか剣とかもおしゃれだし、音楽もいいですね。

 ただ、中国の歴史ものの女性ヒロインってあんなに、おしゃまな感じなのですね。
どのドラマもそんな感じ、声質も女優さんが違っても似てるし。
でもやっと、国王を通して宇文の気持ちが、清鎖に伝わりましたね。
そこへ偽の宝玉をめぐる四神の戦いと、そして突然怪我で療養中だった母親の言いつけもあり清鎖を放っておいた蘭陵王がなんと、よりにもよって周の王宮内の宇文邸から、将軍が和睦をまとめたばかりなのに清鎖をさらっていきます!

こちら、蘭陵王の母親の反対に、腹心の将軍の反対と、将軍の従姉妹の高長恭への片思いと、清鎖との婚姻に反対する人たちばかりで、幸せにはなりそうにありませんが・・。
宇文とのことは叔父の宇文以外の全員が賛成しているので・・。
特に国王が、ようの味方をしているので、こちらの方が幸せになれそうな気がしますけどね。

 宇文には危険な時の合図とそうでない時の合図を決めて蘭陵王に今はついて行く清鎖ですが、本当に蘭陵王の恋人だった人とは同じ人なんでしょうか?
清鎖が、記憶喪失のままなのでわかりません。
故郷がどこかもまだ視聴していてもわからないままです。
ようは、叔父が清鎖と国王の命を狙い出したことに気がついて、一旦国外に出そうとするのでずか蘭陵王がさらって行くことになるとは・・、まあそう来なきゃ蘭陵王妃のタイトルの意味がわかりませんけどね・・。

 こちらの蘭陵王妃は、宇文ようの方が幸せになれそう・・。

posted by luce at 23:10| Comment(0) | Dorama's DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

大風水 八話まで

 面白くなって来ました、7-8話は怒涛の展開ですね。
クンムって出番多すぎます、悪役や悪女があんまり前に出ると、ドラマがつまらないので家族がこの人が出てくるとこのドラマを見ようとしなくなってしまいますから。
悪役は必要最小限に留めないと、視聴率が下がります。
レンタルもしてもらえなくなります。

 そして、オンジュ、王の親戚でありなから王に偽の証を渡したとして、クンムに告げ口されてしまいます。
もうこのオンジュはジョングンの父を好きでもなんでもない、ジョングンの父をも見限る人を王様が信じてしまいます。
オンジュが命がけで訴えるのですが、オンジュは営倉入りです。
でも、クンムの息子のはずがオンジュに志を育てられたジョングンは、健気にも育ての母を助けようと、クンムの屋敷が怪しいと嗅ぎつけ、忍びこみます。
そこで、クンムと父の不義を知るのでした、クンムが本当の母とは知らずに・・。

 オンジュが亡くなったと思っていた実の息子は、生きていました、元のいかがわしい商人の義理の息子として、能力があったので育てられます。
仕事を手伝いながら。
占いの能力が高くて、人を見る心眼に優れており、占い師として人気が出て本業より稼げます。
母の形見だった父の持っていた印籠の模様を、王宮の母の住む場所で見つけて、このマークは何か、と聞きます。
その前になんと、オンジュ自らこの子を捕まえて、王妃暗殺の件・・王妃様に眠り薬をクンムが飲ませていて、イ・ソンゲ将軍に飲ませていたものと一致、そして、王妃の命令でオンジュがクンムを調べていたのですが、スパイと実の息子が関わっていることを突き止めます。
 突き止めたのはイ・ソンゲ将軍の副官なのですが、担当が変わってしまいます。

そして王妃の頼みがあるにも関わらず、この子は解放、クンムのせいで偽の王の証を持たせてしまったことから王族なのに、営倉入り。
牢獄入りです。
そして、イ・ソンゲ将軍なのですがなんとまあ、陰謀を別の線で暴こうとして王に謀反の疑いをかけられて、父の墓参りに。
そこで大法師に出くわして、・・、王の学者も従えて来ますが、イ・ソンゲ、運が強くて、濡れ衣とわかって、王にまた地方将軍を。
王宮に毒があり巻き添えをさせず、生涯忠誠を誓って欲しいからとの王の言葉ですが、それならなぜ、クンムのオンジュへの企てに気がつかないかと不思議でした。

 そして地方で大人になっていくオンジュの息子と、クンムの元にやられてしまう息子。
ジョングンの父はジョングンにはそれなりで、クンムよりはましです。
ですがオンジュを好きながら、父が一人で元で生きてゆけと言った時に、それなら父上は私のことを力なきものが助けられるかというけど、父上は助けられるのですか?、母上をと質問し、流石の父親も答えられません。
 しかしクンムには度々忠告して、オンジュはかつての夫と特に息子を生かされているから、ジョングンの面倒を見てくれた、でも、息子が亡くなったとわかった今、ジョングンを切り捨てるだろうと、いくらでももう優しくなくなれる、私はオンジュのことを生活を共にしてどんな人なのか、よく知っていると言うのです。
 オンジュはその通りの行動をするのですが、ジョングンの命がけの行為に、今の夫とクンムのことを王様に言えないままでしたが、イ・ソンゲと副官が気がつきだしています。
 
 このイ・ソンゲ将軍、高麗が滅んだのちの統一朝鮮王国の初代国王になる人なのですが、キャラが無骨で不器用で、手柄をジョングンの父に取られたり、副官へのツッコミその他と、王様への忠誠心が面白いです。
いい人なんですが、癖が相当に強いです。

 そして子供達は大人へと、俳優さんたちも大人の人たちへと役がわりするのですが、ジョングンの同期へインの入れ替わり方が、わかりやすすぎましたかね。
これから楽しみです。


posted by luce at 13:55| Comment(0) | Dorama's DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

蘭陵王妃12話まで

 面白くなってきました、蘭陵王に約束を守ってもらえなかった清鎖が自分の身元を確認したがりつつも、側で力になってくれる宇文ように心が動きかけてる。

宇文よう、天下統一して斉を抑えてのちに皇帝になる人ですが、割にいい人ですね。

清鎖に本気なのが周りからは見え見えなのに、本人は隠しているつもりでいて、気づいていないのは清鎖ただ一人です。

 

 不思議な事に、あれだけ清鎖を疑ったのに叔父が宇文ようが強く出ることから姪に手を出すな!と宇文の従姉妹に言い出しました。

又、おばさんは出自を隠して故郷に返してやろうとしません。

従姉妹が師範に選んだ朱雀は、なんとそんな女だったかと宇文の従姉妹の心がけ、・・企みで清鎖を陥れたり危険な目に合わせたりすることだけでなく、弟子そのものとして嫌がるように。

 

 この朱雀に白虎と玄武が絡むんてですが玄武が正しいんですが、今の所、朱雀は白虎と組んだということで意味わからなくなってます。

もうひとり青龍が単独で従姉妹に絡むのですが、こちらは従姉妹の方が懸念を。

そして昔は従姉妹と結婚できたけど、今は親族間では法律でできませんよね。

遠くなってはとこより遠ければ可能ですが。

 

蘭陵王の方は怪我を負って動けませんが、この母親が曲者で清鎖に息子を近づけるなとそればかりで邪魔に入ったので傷ついて宇文を頼りだすのですが、息子の方はずっと怜・・清鎖の本名を病床で呼び続けています。

さて、どうなるのやら。

 

舞の得意な清鎖、宇文の琴に合わせて舞うシーンは、素晴らしかったですね。

二人は、本当は気があっているような気がするのですが・・。

清鎖は未来の皇后ではと私は思うのですがなぜタイトルが蘭陵王妃なのかなと思います。

 

posted by luce at 02:31| Comment(0) | Dorama's DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

大風水 1-2回

大風水1-2回をもうテレビ放送が終わっているので知らなかったので、レンタルで見ました。
やっぱり韓国のも面白いです!

 あらすじ

一話からして展開が早くて見せ場だらけで、日時計を読む係の男の人と、皇室の血を引いている百済のご令嬢・・巫女的な役割を果たす親族なのですが、恋愛関係にあるんです。
それを知らずに、皇位に就く証の何かを探す百済の皇帝ですが、もう元に支配されかけていて奇皇后みたいに、奴隷をたくさん差し出さねばならず辛い思いをして断腸の思いで部下を犠牲にして、悔しくて探させるのに、見つけるのはなんと日時計かがりの役人で、それが主人公なんです。

 最初は、その日時計の役人が王になる段階でやめるのか進めるのかというところで、進軍をどうするのかと聞かれて決断するシーンから始まって、何かなと思います。
百済はもうその頃は滅んで高麗になっているはずが、逃げた先で弟を探す際に盗賊の人たちに助けられたと思いきや、なんと元高麗の将軍でした!
何人兄弟かの真ん中で、兄に変わり一時的に砦を守っているようですが服装がすごいのと、アクションが猛烈にカッコ良くてこの人が後々王様になるのかと思ってしまいましたが違うようです。
でも後からおそらくまた関わるようですね。

 逃げたものの使命を果たしたので巫女になりたい別の女性と恋仲にある百済の将軍が恋仲で一児をもうけながら、将軍の方が皇室の血を引くヒロインを妻にしたがり、日時計係を逃がすために婚姻を受け入れますが、高麗の将軍たちといた時にすでに二人の子供がいて・・。
毒殺されかけるのですが、巫女になりたい彼女に邪魔されて子供は大家られますが、この人には別の目的が。
決して将軍と仲が良くて嫉妬しただけではなさそうですね・・。
そして子供を、皇族の血を引く子を川に流してしまうのです。

 感想

 話の段階が自然で、唐突にわざとらしくなく始まるし、展開が早いけど無理がなくていいです。
高麗がまだあるのかなと思うんだけど、もう相当百済は危ないようです。
韓国のドラマは一話が日本や中国より長いため、映画のように楽しめて展開もこれは早くて、いま見ている中でもっとも気に入りました!!
 韓国やっぱりドラマいいわ。

脇役の皆さんまでも演技も声もセリフも素晴らしい俳優さんたちばかりですが、シナリオもセリフも、キャラクターの気立てとかの設定までも見事です!!
何と言っても、ヒロインの演技力が韓国はいつも申し分なく、容貌も素敵な人が多いです!!
何と言っても中国よりも韓国のヒロインたちのキャラクタ方が、芯が強くて清純清楚な気がします!!

帝王の娘スベクヒャンのお母さんと長女もいい設定でいいキャスティングです!!
他のもみんなそう!!

posted by luce at 20:13| Comment(1) | Dorama's DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする