2020年08月05日

宮 パレス 1-2

もう一度見ることにしました。
宮1は、録画したものがあります。

ホントに懐かしいです。

これらの作品に出会えて、ホントに良かった。



posted by luce at 02:08| Comment(0) | Dorama's DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九家の書 千年に一度の恋

もう一度初めから全部見ることにしました。
思い出のある作品だから。


posted by luce at 02:02| Comment(2) | Dorama's DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

デビッド・コパフィールド / チャールズ・ディケンズ  追記15:12

2014-18年三月ぐらいまでにみた中で、インパクト強かった西洋ドラマ。


57C0F526-AC81-40DD-98AA-D16D3EC17721.jpg

 ハリーポッター役にのちに抜擢されたダニエル・ラドクリフの幼い頃の作品です。
チャールズ・ディケンズと言えば別の小説が有名で日本では映画が流行った頃が。
デビッド・コパフィールドは読もうと思い2018年晩秋に買ったのにその後・・持って行く暇も無く。
しかし名作をみたり読んだりすると日本であれ外国であれ、何か癒す力が違います。
 チャールズ・ディケンズが孤児や孤独、孤高を描く達人だったのは知られてますが、本当によく出来てる!


 イギリスも名作の多い国ですが、こうして映画やドラマの文化が交流で花開いたのは何よりでした。
もう一つ二つ、韓国はもちろんですが最近は、英国のかつては植民地だったインドとか台湾や香港とか、中国もいいのがありますよね。
最近はトルコとかもたまに、これにギリシャとかエジプトが加わればシルクロードですねぇ。

 ヨーロッパなら、フランスとかポルトガルとかスペインのもいいですけどね。
北欧はドラマよりミュージカルかな。
それにしても北欧の山の方は、私の故郷とも似ている気がします、アルプスと言われる場所があるのですが本当に写真を見るたびに、不思議に似てますね。
チューリップも伝わっているので不思議です。

あんまりデジタルで読書しない方だから。
音楽はスマホに入ってる分は何とかだけどポータブルデッキを持って行けばよかったと。
それにデジタルはどうしても容量のこともありはします。
目に良くないし。
DVD に、CDプレーヤーとなるとなあ、それにパソコンは無理だけどパソコンは一つ持って行ったけど一つも使う気にならなかった。
それから一度読んだりみたりしたものやその場での雰囲気というものも。
行く先の事情で読書は無理な期間でしたし、本は図書館もあるし本屋もありますからまあいいかと思ったんだけど読んでられない環境だった、あの時は。

 話が飛びましたがこの作品も、先日記載の映画とともに前のブログにかなり最近の記事として記載してました。
懐かしいですし複雑です!


posted by luce at 13:38| Comment(0) | Dorama's DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

モダン ファーマー

2017年秋に買ってあり途中までその頃見たんだけど事情があり見直してます。


99602099-9723-4C66-BD00-D9422E591E54.jpg


ミンギ率いるバンド・エクソはヒットするものの7年後は解散状態、一人でソロに回るもメンバーがいず、そこへ故郷の祖母の訃報が。
曲を出そうにも・・とりあえず葬儀に帰ったらそのまま土地を相続することに。

仲間たちは大学受験、サラリーマン、医者としての人生を歩むものの、結局ミンギの畑に集結。
しかし都会暮らしが長いミンギ、幼馴染二人に助けられるも、田舎の生活をすっかり忘れていて、りんごや鹿を巻き込んだ騒動に。

コメディでカート・コバーンの格言をハングル語に訳したシーンから始まります。
みなさん演技うまいし劇中歌もよいです。
時代もので見たことがある俳優らも。

ただドラマは途中や最後も大事だから。
果たしてバンドものなのか自然の素晴らしさとともに畑に帰依するのか?
自分も似たような環境で育ったから、なるほどという感じだけど、ちょっとふざけ過ぎなシーンも。
でも最後まで見なきゃなんともです。

2014年韓国でDVD になってます。




posted by luce at 22:28| Comment(0) | Dorama's DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

麗王別姫1-4話

 レンタルの四作目、麗王別姫、もうBSでは放送が終わってますね。
一度めから知っていましたが途中で見るのをやめたんでした、でもなぜか見たくなってレンタルを。

 略したあらすじ

 沈珍珠がなんと玄宗皇帝の孫息子と詩歌を詠む競争をしたのち、何者かが実家の巻物を狙っていた事がわかりました、それは大臣。
でも、孫の方は珍珠をそうとは知らずに親友にのように。
それでも父親の方は親友となったのを知らずに両方にその地域を治めるための秘宝を渡すのを拒みます。
珍珠の実家はそれを守る土着の豪族の親戚です。

 時は玄宗の時代もかなりあと、楊貴妃が権力をもち大臣はその親族。
でも息子は怯えていつつも珍珠を息子の嫁にとのぞみ、医者の友達が立候補したことから付き合うことに、そこで玄宗の衣が自然に燃えた謎をとくも、恋人を探しに回紇へ。

 なんとその間に大臣の配下が珍珠の両親を刺殺、ないというのにあると信じた秘宝を求めて。
しかし幼い弟が生き残った。

 その断層のひげまでつけておかしい事だけれど、紛れて見たものの回紇の頭を狙う者を発見、果ては伏兵が砦にいることを予測。
回紇の頭に気に入られてしまう。
 その回紇の頭を狙ったものとは、吐蕃の国の刺客・・。

 感想


 丁寧なシナリオですね。
私が今見ている中で唯一タイムスリップとかではなく、本当にその時代の史劇で、珍珠は玄宗の孫の正妻になっていく人なのですが子供を産んだ後史実では行方不明になるのですが、そこらへんは想像で作ったようです。

 何かの映画かドラマを見たさいに玄宗の孫のことは記載した気がしますが、本当にドラマになっていたのには驚きましたが今まで理由があり、見るのをやめていましたが、見てみる気にやっとなりました。

 回紇と吐蕃かー、こういう言い方で出てくるのがすごいなー。
可愛い女優さんがああも男役をやるのが面白い者でもあります。
やっと女だと玄宗の孫が気がついたところです。


 

 
posted by luce at 20:05| Comment(8) | Dorama's DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする