2020年10月31日

葉祥明 美術館 北鎌倉

建長寺の前に訪ねました、約10年以上ぶりかな。
そのあと北鎌倉自体にはもう一度きてますが。



F5A02745-F721-4C92-8A25-D5BB0DA7BAE6.jpg

阿蘇に作家さんの出身地だから姉妹館があるようです。

可愛い絵と部屋でした。
ピアノがありましたが、誰もひいてなかったなと。あんないいのがあるのにね。


北鎌倉、実家の方と似てる、ほっとするけどやはり関東ですね。

ビルが高いのがなく、喫茶や茶屋でも、癒されました。
明月院に寄りたかったけど寒い日で、断念しましたがまた機会があれば。



posted by luce at 18:40| Comment(3) | 美術館 博物館 歴史館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 地平線がある絵が多いのが葉祥明さんの作品の特徴ですが、その背景は阿蘇の草千里なのだとか。そういえば草原の絵が印象的だった気がします。
Posted by 東風虎 at 2020年10月31日 23:00
そうね、知らないでみた時可愛いし綺麗と思ったけど、メッセージがもっとあるし添え書きの他人を励まそうとされた言葉や絵本のメッセージも、感動しました。悩みが軽くなった。深かったです、絵本は買わなかったけど、記憶してます。いつか機会があれば。ずーっと胸のつかえが、ある壁にかかってる言葉二つ三つで何か納得できました!、絵とセットでよかったです、いろんな人が気が楽になっているんじゃないかな?



>東風虎さん
>
> 地平線がある絵が多いのが葉祥明さんの作品の特徴ですが、その背景は阿蘇の草千里なのだとか。そういえば草原の絵が印象的だった気がします。
Posted by luce at 2020年10月31日 23:17
もう一つ、明月院に行きたかったからでもまたいつか。

>luceさん
>
>そうね、知らないでみた時可愛いし綺麗と思ったけど、メッセージがもっとあるし添え書きの他人を励まそうとされた言葉や絵本のメッセージも、感動しました。悩みが軽くなった。深かったです、絵本は買わなかったけど、記憶してます。いつか機会があれば。ずーっと胸のつかえが、ある壁にかかってる言葉二つ三つで何か納得できました!、絵とセットでよかったです、いろんな人が気が楽になっているんじゃないかな?
>
>
>
>>東風虎さん
>>
>> 地平線がある絵が多いのが葉祥明さんの作品の特徴ですが、その背景は阿蘇の草千里なのだとか。そういえば草原の絵が印象的だった気がします。
Posted by luce at 2020年11月02日 16:21
コメントを書く
コチラをクリックしてください