2020年04月05日

堀田善衛展・堀田一族と伏木

堀田善衛とその一族、わが故郷には、藤子不二雄、社長は浅野総一郎その他多くを輩出、でも小説家はこの人が現代から近代ではかなりでしょう。


C03123F5-2A65-4F39-A5A7-57C99BB225F8.jpg


高岡市立博物館、2館あるけれど古城公園は別の日にしようと思うほど大人の私でもなかなかに広くてびっくりします。
ここに入ったのは10年は前でしたかねー。
一昨年の秋も深まってきた頃に見たものです。

堀田家は伏木ので親戚一同にも有名な人が他の分野にもいらっしゃいます。
私は親戚ではありませんが。

東宝の映画の原作も。
あの頃中古で何冊か買ってよ見かけたものが一冊、でも完読してなかった。
あの当時の文体は漢文より私には大変なこともありますが、もう一度読んでみようかなと思います。

ついでに企画展の館の方の出口はしまっていましたが扉の前に、有名な作曲家の名前が。
その人も高岡の出身で作詞もされています、ちなみにその次の部屋にあった前田利長の兜をかぶろうの説明の広告を記載しておきます。

作曲家のこと歴史のこと、堀田氏の展示品も撮影可能でしたので、また気が向いたら多少記載します。
posted by luce at 13:23| Comment(6) | 美術館 博物館 歴史館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 高岡には伝統を踏まえながらも新しいことに挑戦する人が育つ風土があるのかもしれません。堀田善衛のような国際的間隔をもった人も風土と何か関係あるのかもしれません。
Posted by 東風虎 at 2020年04月05日 17:43
 揚子江の氾濫の工事に携わって中国にまたいく、みんな行きたがるという下りも気になりました。
 中国の憲法では、他の国で科学開発に携わり工作に関わった人たちに、とどまる権利を与えるという憲法が・・、平和にも貢献する?、
コロナウィルスのことがなぜか???、なんでやろう???、?
ウィルスですものね・・。

 でも、今中国は人が増えすぎてアメリカや日本やイタリアは高齢化に悩み、先進国と言われた国々は恐ろしいほど不況です。
 イギリスはEUを勝手に離脱、作ったのもイギリス、ヨーロッパ諸国はユーロのせいでむしろ不況に、
 日本はアメリカの真似ばかりする企業が増え、専門職の人たちや技能や学歴のある人たちまでがバイトに・・。
 ?

 うーん、もっと続きをそれ以外の観点からも読んでみようと思います。

>東風虎さん
Posted by luce at 2020年04月06日 12:01

あ、私は、河の記事のところにつけるコメントをこっちにしてしまいました。同じこと記載しておきます。


Posted by luce at 2020年04月06日 12:03
 起業家実業家、アーティストと言われる人たちは、他人のアイデアを真似ばかりしてないで自分たちで思いつけるからこそ、そういわれた人たちです。
 他人の真似、外国の真似だけでやっているところは、自分で何も正しいのかどうなるのか予測できないのは、実業家起業家、アーティストとは言いません。と私は思います。蛇足でした。
 もちろん学校で勉強を習っている間、学生や見習いなどの間はしかなくても。
 自分で発送できない他人の真似して何も考えないでやるのは、ただの真似シイです。
 そんなところは長く続かない、国ごと潰れる、私はそう思います。


 
Posted by Luce at 2020年04月06日 12:09
確か堀田さんは事業、科学、医学にも有名な人が??



>東風虎さん
>
> 高岡には伝統を踏まえながらも新しいことに挑戦する人が育つ風土があるのかもしれません。堀田善衛のような国際的間隔をもった人も風土と何か関係あるのかもしれません。
Posted by luce at 2020年04月07日 07:50
河の冒頭を展示でみたから本を買ったのを思い出しました。



>luceさん
>
>確か堀田さんは事業、科学、医学にも有名な人が??
>
>
>
>>東風虎さん
>>
>> 高岡には伝統を踏まえながらも新しいことに挑戦する人が育つ風土があるのかもしれません。堀田善衛のような国際的間隔をもった人も風土と何か関係あるのかもしれません。
Posted by luce at 2020年04月12日 09:45
コメントを書く
コチラをクリックしてください