2020年01月28日

知恵泉 平清盛の描いた日宋貿易など

 E テレの知恵泉、時々見るんですが今日は平家の頭、清盛。
日宋貿易の先駆者、夢は当時の上皇に阻まれましたが、すごかったと思います。
 平家物語にあるような、奢る平家などとは下っ端役人とか使えてるそれも親戚とかでさえない下っ端の役人でしょうね。
むしろ後白河上皇や源氏の風評被害でしょう。
一門は心してかかっていたはずなので。

 平家物語を古典やなんやで習ったけれど、学校の歴史や古典で知識としてまたは文法としてやるのはともかく、道徳の時間などには使わないで欲しいと思います。
それは間違った知識というか想像だから。
100パーセント平家物語を本気にしないように願います。
でもちゃんと日宋貿易のことも福原遷都のことも、私の行った学校では教えてくれました!!

 うちは平家の子孫で、嫁いで来た人たちは藤原が多く、家系譜に残る子孫なんです!
そういうことは子孫の人たちがどう思うのかも、とことん考えた授業をすべきです!!
また親御さんたちも知らないままお子さんたちに、その渡りだけ教えて例えにしないように強く願います。

 また安易に演劇やドラマや話にしないよう願います。



posted by luce at 23:28| Comment(2) | TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 歴史は勝者が書くので負けた方は実情以下に評価されてしまいます。清盛は日宋貿易など国際人としての感覚を持っていた人物であり、福原への遷都も開かれた海洋国家としての展開を意図していたものと考えられます。一族の専横という過ちはあるとしても、政治家としての優秀者は疑いようもない事実でしょう。平家物語にみえる悪役キャラは明らかな造形であることは間違いありません。
Posted by 東風虎 at 2020年02月11日 23:22
たしかに、源頼朝、足利尊氏、織田信長などみなその思想を受け継ぐし、義経や秀吉も影響受けます。
その人に直接会ったことがないと色々いえるものですが、恩恵に預かってきた側も必ずいるものです。
一つだけ、中国の三国志の劉備達が滅ぶのに曹操達よりよく語られるのは不思議ですね。
小説 三国演義のおかげかな?
でも平家は仲が良く、親族一同で戦いましたが、頼朝は義仲を殺し、義経を殺し、甥まで自害させましたね。
もっとも北条氏の企みかもしれないし本当に仲が悪かった可能性もあります。
多分義仲や義経とは合わなかったんでしょう。
その点平家はかなり親族同士仲良しでした。
骨肉の争いが酷い家なんて誰しも引きますから。
わたし清盛の銅像や絵を見てこの人が平家物語の?って違和感持ったの中学生になりたてでした。
そんな風に銅像からまたは絵からは感じないの。
多分、自分の勘が正しいとずつと思ってきましたけどようやく学説も変わり出しましたね。
まあまえから本当は学校ではやらない本に書いてあったんだけど、義務教育の教科書は平家物語しかとりあげないからねー!
みな、義務教育以上の興味を自身で持ちその先やらないこと、自ら知りたいと思わないのかな?
好きな人は自分で本をそれ以外も読むけどそうじゃないと、そこまでだから。
にしても分家の末裔としても、嬉しいです、会ったことないけどなんとなく、顔立ち丸いひと多めな家計です。



>東風虎さん
>
> 歴史は勝者が書くので負けた方は実情以下に評価されてしまいます。清盛は日宋貿易など国際人としての感覚を持っていた人物であり、福原への遷都も開かれた海洋国家としての展開を意図していたものと考えられます。一族の専横という過ちはあるとしても、政治家としての優秀者は疑いようもない事実でしょう。平家物語にみえる悪役キャラは明らかな造形であることは間違いありません。
Posted by luce at 2020年02月20日 10:49
コメントを書く
コチラをクリックしてください