2019年12月13日

大風水 最終回

 すごかったですね、とうとう奥方とドジョンの陰謀を前の回で知っていつつ、それを言わずに来たチサン。
逆に、奥方を煽動してのドジョンの罠にはまってしまいました。
助けようとしたヘイン、偽文書を作った相手を突き止めたかに思えますが、そこへパニャを殺されたジョングンが。
ヘインの暗殺を指示したかに見えますが・・この手は既に一度シナリオで使われていて火事でヘインが実は助かっていたという手法があるのでもしかしたらと思ったら、やはり、ヘインは生きていました。

 紫微垣極探しをするジョングンとチサン。
今度はジョングンの勝ちでした、政局にもですがやっぱりずっと学士としての仕事もして来たので努力が才能を上回ったのかもというのは私の憶測です。

 そこへドジョンの放った刺客が、そのドジョンの刺客を、ジラン将軍の手下が始末。
これでもう、誰の仕業かなんて明らかなものでした。

 そしてヘイン達と旅に出るチサン。
でもー、バンウォンが一緒に濡れ衣を着せられたのにどうなったのかとかは描かれず、ドジョンをどうするのかも。
まあそれはチョン・ドジョンを見ればいいんだけど、明らかではない気がします。
そちらはドジョンにいいようにできてるんでしょう。

 でも台詞の中で一つ気になった、李氏朝鮮の初代王になったソンゲ将軍。
母方がワン氏の親族で子孫であるのに、功績は高いが名前を歴史に残すことはできないって・・風水師だからって参謀の地位まで与えておきながら・・。
バンウォン、味方を失いましたが・・。

 まあそれで風水師が参謀になる話は創作ですって言ったようなものだけど・・、この辺は少し不満でした。
今なら学者もそこまでの人たちはかなりの権威を持てますしね、時代が違うから仕方ないんだけど。
でもここまで創作して最終回にそれはないですね、創作は創作のまま最終回にいった方が良かった気がします。

 韓国もその点は、日本ほど史実とドラマの落差にうるさくない国みたいに思えて、やはりどこかアジアだなって思います。
だけどエンディングに皆さんのメイキングが出て来て、スタッフさん達も、面白かったですね、先頭シーンや泥エステのシーンとか、他にもジョングンのラストとか、どうやって撮影したのか、わかった。
 ジャッキー・チェーンさんの映画の最後を思い出します。

 それにしてもあの時代は父親が貴族以上でないと、軍師以下なのかと思うと、ドジョンなんてさらにワン氏より格下なんじゃって思いますけどもね。
ドジョンがあのまま重用されたとは思いにくいけど、ヤスク将軍とチサンを失い、バンウォンを立てて来たジラン将軍の複雑そうな感じもなんともでした。
ドラマとしてそこまでしたなら、そこもそのまま行った方が良かったと私は思います。

 ジョングンのラストは良かったと思います。
わかっていてそうせざるを得なかった、いい子だったのに両親が良くなかった・・。

 不思議なのはむしろソンゲです、ソンゲはあの奥方やバンウォンを排除したい息子達を、チサンたちやジランたちよりも信じて生きていくのか?と云ふ事デス。
 そして本当はワン氏勢力への牽制がまた天下を欲する気持ちが本当に初めはドラマの通りの動機だったのか?、寧ろ、チサンたちより怪しみます。
ジョングン達よりも・・・。
史実と違うのは、寧ろ、ソンゲ将軍の本心、野望ではなかったのか?、とつくづく思いましたけれど、そこは明かさずじまいでしたね。

その点を評価していません、史実を明かすのならば、寧ろそこでしょうにね・・・。
チサンのような人は創作だとほのめかしただけです、それではドラマに仕立てた意味を、無くしてしまわないことでしょうか?

ジャッキー・チェーンさんのことも、流れていく地盤のことで明の使者が病になりますが、地盤のことも前のブログにも苦記載していたかなあ?、映画のことは絶対に書いてましたね。
高校ぐらいから、ジャッキー・チェーンさんの映画は時々見ました。
ハリウッドに行かれてからも面白かった。
 なぜ思い出すんでしょうね?、地盤のことは伝えた人がいることはいます。
はてね?、笑えます。
 玄武とか四神のこともね、チサンの母親が王族のワン氏の子孫ねぇ・・、・・・・・。
 

posted by luce at 12:37| Comment(0) | TV Doramas | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください