2019年11月16日

ストゥーパ〜新卒塔婆小町 / ブリリアホールこけら落としOpera / 指揮・西本智実

9D74515A-4F86-4B60-9F62-6B88AF116989.jpg


 豊島区に新しくオープンしたブリリアホールで、佐久間良子さん主演の小野小町(能の小町をOperaにしたもの)が再演されたので見て来ました。
素敵なホールで三階だったけど2列目でちょっと座高によっては前の柵が目にかかって見にくい時もあるのですが、比較的ステージ近くで見られて良かったです。

 中井美穂アナウンサーが初めに西本さんにインタビューされて、少し音響とかの解説もありました。
知らずにいらしてあーっとかおーって歓声あげられるお客さんも。


A3F6932C-31AC-422B-B4DC-94B875DD160A.jpg




 能の感じの庭をセットで作ってありましたけど何となく里帰りしたみたいに癒される空間で、そういえば故郷の瑞龍寺で薪能を母と何度か見たことがありましたが、小町はなかったなーなんて開演前とか演奏の合間に何となく思い出したりもしました。
 宝塚元トップの杜けあきさんが僧の役で出られていましたけれど、始まり方が素敵だったなと思います。



 小町が年をとってからなんですけど、佐久間さんのセリフとかを母が好きだった時期があり、私は杜さんを宝塚在団時、退団公園だけでも地方からどうしても当時見に行きたかったけどできなかったので、生で拝見できて嬉しかったです。
 杜さんは声が素敵でセリフも歌も上手いと思ってましたけど、歌は今回は合唱団が全てを担当していたのは、能のイメージがあるからなのかなー?

 最後の方で、深草少将演じる中村扇雀さんの叫びのような語りのような何とも言えないセリフが素晴らしかったです。
歌舞伎の感じも出ていましたけれど、他のお二人の女優さんとはジャンルが違うんだけどジャンルの違う三人のトリオが素敵でした。

 音楽で和歌を歌うのですが、イルミナート合唱団から男性四人が抜擢されていて、最後は一緒にステージで拍手を受けられていましたね。
首席奏者の方達も。
フルートとか太鼓とか、合間合間の和風の音楽ですけど全てオーケストラの楽器で出されていて不思議でした。

 暗がりの転換や花吹雪も素敵でしたね。
佐久間さんや杜さんの目線は3階でも素晴らしく届いておりました。
が、終演後、二階席におりて見て見たらセットの模様がはっきりと見えたので・・いつかもし機会があれば今度はS席を確保できたらなと思います。


C9FF17FB-8172-46BA-8AC8-518AE1E1F806.jpg


 素敵でしたね。
小町は年をとってからのイメージが良くない感じを後半で一気に転換するシーンがあって、バレリーナの方がうまく面をつけて舞を舞われて、和風なんたけどバレエの良さも伝わったし面白い試みだったと思います。
 
 最後現代で工事のシーンでまた同じことが起きるんですけど、場合によっては現代のシーンはなくてもいいような気もしますが、Operaになったので・・。
特に杜けあきさんの和風の男役は何とも素敵で、声質もやっぱりその方が素敵で・・、もちろん女性の管理職になって本当は今は女優さんのなのでその違いを楽しめもします。
 どちらがいいのかなあ?
和風の男役、僧侶だけど本当にあの頃と変わらないぐらい素敵だったですけどね・・。

04F874EE-7F3E-47D8-A10C-1A946AC974CF.jpg



 三人ともうまかったです、あと西本さんはあの暗さの中でオーケストラの人たちもね・・オケピットを花道がわりにして、近くてよかったんじゃないでしょうか。
 字幕も和歌とか古典が忘れていても苦手でも、横に出ていて楽しめる感じもいいと思います。
でも小さなお子さんにはテーマが難しいと思います、大人から中学・高校生ぐらいで何とかわかる世界かなと思いますけどね。

 百夜の世界なので、小町が神格化じゃないけど怨霊まで行かないか、地縛霊みたいになって何だかかわいそうでもあるんですけど、素敵でもありました。



posted by luce at 23:28| Comment(2) | 観劇 Musical レポート DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 西本智実さんのマルチな才能が発揮された作品です。オーケストラの指揮者を極めながらも、能の小町物をテーマとし、西洋楽器で日本の音を表現しようとした試みはとても素晴らしい。意欲的な作品です。西洋の文化を極めると日本文化がよく見えてくるのかもしれないと思いました。
Posted by 東風虎 at 2019年11月17日 21:13
 素敵だったけど、年を取ってからの事を絵描くなんて意地悪だなって思ったんだけど、ただ、後半はその意地悪を跳ね返すほどの魅力を・・もう若くないのにね。
 それをバレエで小町が只者ではない豪族の子孫で歌詠みで、決して若さだけで人を魅了したわけじゃないのがうまく出ていたけれど、やはり昔から技能のある女性はね。額田王もそうでしたね、持統天皇なんて女性の天皇陛下ですよ。推古天皇もです。女帝ですよ!


 

Posted by luce at 2019年11月18日 13:11
コメントを書く
コチラをクリックしてください