2019年10月27日

マラルメ & ヴァレリー詩集 / 世界詩人全集10

箱入りの本をもう一つ、フランスの詩人、マラルメ・ステファンとポール・ヴァレリーの詩集。
詩人全集は中国とかイギリスのは母の書棚とか、図書館で読んだことがあるんですけど、フランスの人のを実はずっと欲しいなと思っていました。

6C5C1AD4-7881-402E-9B08-F0666CFC24C7.jpg


黒い箱に赤の表紙、カバーもかかっているのは久しぶり。
ただ中古で、やや黄ばみも。
そして独特の匂いも、古本ならではですが比較的綺麗で触るのに抵抗もありません。
ドイツとかフランスとかはロシアの文豪よりも読んでないかもしれませんね。

なんと箱の裏にはバラの刻印が、そして本の裏表紙にはお二方のサインが金字で刻印されています。
  (なおそちらの面はコピー防止のため、写真を記載しておりません、あえてない方を記載しております。)
さすがFrance、洒落ています🍸✨🎠🎩


4CA02B79-85FC-4B01-B991-8FD5B47A41FC.jpg


 詩はマラルメの詩から始まっていますが、この最初の詩には感動しました。
どうしてなのかはあえて書きません。
学生時代、イギリス以外の詩人のものはなかなか読む機会に恵まれませんでした。

図書館にあっても、小説を優先していたので、Franceなら三銃士とか、ああいうのよく読みましたね。
映画のチューリップの騎士も好きでしたね。
あとはデンマークとかオランダとかの方が童話とか詩人も読んでいた気がします。

 本の箱と裏表紙に刻印がある本なんて、中学の図書館以来じゃないかな?
しかも大人になって手にできたのは本当に嬉しいです🔑🌙🎁☕

 追記、10/28 00:22

実は二年前か3年前に文庫で買ったんですけど、帰省中にどこかに家族に仕舞われて、それきりで。
中古でこれを見つけたんです。

posted by luce at 18:59| Comment(0) | Books 雑誌 新聞記事など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください