2019年09月22日

お祭り! 例大祭!

 近くの神社のお祭りです!
お彼岸なのと重なって秋の祝日ということで、毎年この時期お神輿が出るのですが・・お神輿に偶然出くわしてどうにか追いついて、追いついて見たら?


821EFFE1-844A-42AD-B0A0-9AD1BAE0AAB7.jpg


なぜか到着するはずの広場で、獅子舞が・・。

B07D3F9A-64E2-432C-9697-2AEB2440C37F.jpg


 私の里では獅子舞だけ、お神輿は一季節後で隣の町内なんですけど、なんとなーんと・・・

3605EBAB-E431-43C4-AD86-5FA6D5ADEFA2.jpg


 獅子舞と合体、というか獅子が出迎えるんです!
しかも獅子は二頭いて、もうお一方は出迎えの儀式をしていて、神輿の到着ぐちで舞っていて出迎えるんです。
はじめはなんで降りているのかなと思いましたが、これは初めて見ました。


21AD9230-6326-4A54-8674-D7479AF539E9.jpg


 素晴らしい伝統です、ちなみに神輿には市名と町名が入っているのですが、獅子舞の柱には江戸祭り保存協会とありました!
これって素晴らしいです!
感動しました、こんなの見たことない!

獅子が神輿を出迎えるため、女性の旗や提灯を持たれた方も、東京は女性も太鼓とか旗とか提灯もてるんですね。
神輿と獅子かつげるのは私の里では男子だけ、太鼓もです!

 通りよりもついてからの拍手に、俄然やる気を出された第一号のお神輿の町内の皆さんでした!!
三本締めまでやってきましたが、お神酒は車なのでいただけませんでした。

 確か前にもこの時期に神輿は何体も見たことがありましたが獅子は初めてで・・神輿とのお囃子の合体演奏が素晴らしかったです!
何度か東京に来てから神輿は見てましたけどね、獅子との合同というのは今回が人生で初めてでした。
 さっきの記事のお寺の太鼓と御車が一台しかなかったけど、祭りに使われていたのかは定かではありません。

 東京の秋としては、最高の憂さ晴らしになりました。
 もっといたかったけど三号機が来る前に雨が降り出して移動しました。


この記事へのコメント
 まつりには独特のエネルギーを感じます。もともとは神様のために行っていた行事ですので、そこには純粋な願いというものがあるからなのでしょう。都会の祭りはふだんはばらばらな人たちが結びつく実感をもてるところに魅力を感じます。
Posted by morgaux at 2019年09月22日 18:44
 田舎だってバラバラですよ、以前は自分街でないので何やっても関心なかつたものでしたけどね、はっきり神輿だとわかるので、獅子舞もね。
しかし関係なくショッピングとかランチしてる人たちも多いですよ。
地元より、おのぼり都民が多い証拠ですね。
私もなんだけど、田舎の人たちが田舎ぶらないで都会の人みたいなフリをして人情なくなるのかなと不思議です。
 田舎者は田舎者らしくしているのがいいんです。

>morgauxさん
>
Posted by luce at 2019年10月02日 18:05
コメントを書く
コチラをクリックしてください