2019年08月15日

大風水 八話まで

 面白くなって来ました、7-8話は怒涛の展開ですね。
クンムって出番多すぎます、悪役や悪女があんまり前に出ると、ドラマがつまらないので家族がこの人が出てくるとこのドラマを見ようとしなくなってしまいますから。
悪役は必要最小限に留めないと、視聴率が下がります。
レンタルもしてもらえなくなります。

 そして、オンジュ、王の親戚でありなから王に偽の証を渡したとして、クンムに告げ口されてしまいます。
もうこのオンジュはジョングンの父を好きでもなんでもない、ジョングンの父をも見限る人を王様が信じてしまいます。
オンジュが命がけで訴えるのですが、オンジュは営倉入りです。
でも、クンムの息子のはずがオンジュに志を育てられたジョングンは、健気にも育ての母を助けようと、クンムの屋敷が怪しいと嗅ぎつけ、忍びこみます。
そこで、クンムと父の不義を知るのでした、クンムが本当の母とは知らずに・・。

 オンジュが亡くなったと思っていた実の息子は、生きていました、元のいかがわしい商人の義理の息子として、能力があったので育てられます。
仕事を手伝いながら。
占いの能力が高くて、人を見る心眼に優れており、占い師として人気が出て本業より稼げます。
母の形見だった父の持っていた印籠の模様を、王宮の母の住む場所で見つけて、このマークは何か、と聞きます。
その前になんと、オンジュ自らこの子を捕まえて、王妃暗殺の件・・王妃様に眠り薬をクンムが飲ませていて、イ・ソンゲ将軍に飲ませていたものと一致、そして、王妃の命令でオンジュがクンムを調べていたのですが、スパイと実の息子が関わっていることを突き止めます。
 突き止めたのはイ・ソンゲ将軍の副官なのですが、担当が変わってしまいます。

そして王妃の頼みがあるにも関わらず、この子は解放、クンムのせいで偽の王の証を持たせてしまったことから王族なのに、営倉入り。
牢獄入りです。
そして、イ・ソンゲ将軍なのですがなんとまあ、陰謀を別の線で暴こうとして王に謀反の疑いをかけられて、父の墓参りに。
そこで大法師に出くわして、・・、王の学者も従えて来ますが、イ・ソンゲ、運が強くて、濡れ衣とわかって、王にまた地方将軍を。
王宮に毒があり巻き添えをさせず、生涯忠誠を誓って欲しいからとの王の言葉ですが、それならなぜ、クンムのオンジュへの企てに気がつかないかと不思議でした。

 そして地方で大人になっていくオンジュの息子と、クンムの元にやられてしまう息子。
ジョングンの父はジョングンにはそれなりで、クンムよりはましです。
ですがオンジュを好きながら、父が一人で元で生きてゆけと言った時に、それなら父上は私のことを力なきものが助けられるかというけど、父上は助けられるのですか?、母上をと質問し、流石の父親も答えられません。
 しかしクンムには度々忠告して、オンジュはかつての夫と特に息子を生かされているから、ジョングンの面倒を見てくれた、でも、息子が亡くなったとわかった今、ジョングンを切り捨てるだろうと、いくらでももう優しくなくなれる、私はオンジュのことを生活を共にしてどんな人なのか、よく知っていると言うのです。
 オンジュはその通りの行動をするのですが、ジョングンの命がけの行為に、今の夫とクンムのことを王様に言えないままでしたが、イ・ソンゲと副官が気がつきだしています。
 
 このイ・ソンゲ将軍、高麗が滅んだのちの統一朝鮮王国の初代国王になる人なのですが、キャラが無骨で不器用で、手柄をジョングンの父に取られたり、副官へのツッコミその他と、王様への忠誠心が面白いです。
いい人なんですが、癖が相当に強いです。

 そして子供達は大人へと、俳優さんたちも大人の人たちへと役がわりするのですが、ジョングンの同期へインの入れ替わり方が、わかりやすすぎましたかね。
これから楽しみです。


posted by luce at 13:55| Comment(0) | Dorama's DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください