2020年12月16日

結婚前夜 マリッヂプルー

 今回借りた作品のうち一つめだけど2013年の作品なので知っている人は知ってるんでしょう。
内容的には18歳ぐらい以上が見る方がいいかなとは思いますが、通常のロマンスでいいと思います。

 ●あらすじ

 婚約者がいて、結婚間近で来られない親戚に挨拶に行くためといいながらマンネリを感じているネイルアーティストの女性が、旅先で出会った人に一目惚れ。
 北欧の女性と付き合うも打ち解けあえていず、不安になる花屋の男性。
 スポーツ選手でもてているはずが、相手に嫉妬してばかりの男性。
 結婚式場の司会をしているけれど、プライベートでは自我が強くて、やり方で価値観をゆずれずにいる都会の女性が田舎の男性と結婚するか
お互いに悩む話、など4組の話が混ざり合った展開。



B58BF895-E103-4E81-95D8-7B586E7A9D2A.jpg


●感想


 ラストはイラの勤務する結婚式場で二組が、医者とスポーツ選手の関係で医者つながりでも展開がという4組のつながりもあります。
そのために4組を見せる展開なんだけど人数が多すぎて、時々繰り返し巻き戻してみないと訳分からなくなりかけてしまったシーンもあります。
 せめて3組ならよかったと思うんだけど。
  もう少し心理分析とか展開を深くして、じっくりと味わいたかったけれど、展開が考えられなくていろんな人出しすぎたのかなって気もします。

 ただ女優さんたち、みんな綺麗か可愛いかだし、俳優さんたちもなかなかです、特に旅先で出会うカップルの方は宮の主人公だったあの俳優さんがいい大人になって作家として現れて素敵です。
 こちらは元婚約者も素敵です。

 ですが、カップルの中には子供たちにはいえない悩みを持つ人たちも出てくるので、ある程度の大人向けだと思います。

 野球選手は怒りやすいし、結婚式場に勤務しているけれど自我が強い娘は私も引きます。お父さんが牧師の設定で
最後は父親が呆気にとられるシーンもあります。
 この二人は相手から別れを言われても無理はないかと思うんだけど、ちょっと見苦しいシーンも。

 ただラストはうまくまとまっています。

 でも、どこかにいそうだったり、若い時にある程度似たような体験がある場合も1組か2組は当てはまるか、それを強調した感じです。
でも女優さんたちが綺麗で可愛いし、旅に出るシーンが時々あって景色がキレィで癒されるシーンもあります。

 後、音楽がいいです。



posted by luce at 14:00| Comment(0) | Movies DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月13日

コウラン伝

 録画しつつ時々見ている、日曜は出かけていて遅くなる日もあれば、夕飯やお風呂にかぶることも。
でも今夜は見ている、面白い。

 セリフ・・

 なぜ意地悪した方に味方するの、あの人は私の子供ができないように仕向けたの・・


 感想

 その気持ち、よくわかります


 セリフ・・

 今夜おまえをとことん痛めつけたやりたい・・

 感想

 その気持ちも散々嫌なことがあればそんなふうにどんなにいい人でも思う時も、理解ができなくはいなです


 人に歴史あり、
不幸な人が新しい不幸をさらに作る・・、

 私はそう思います。

WellComeTo Takarazuka 雪と月と花と 宝塚月組

 11月下旬にみた宝塚月組の感想です。
もう時間かがたち記憶が薄れましたから少しだけ。

 第一部

 久しぶりの和物のショーから始まります。
植田先生の久しぶりの演出で宝塚らしい和物、今回はクリスマスやお正月まで東京で続きますね。

 観劇した頃に少し記載したけれどオーケストラが生ではありません。
座席は全員入れます、もう一つ起きとかではありません。

 月組の全体の頑張りというか拍子揃えての舞はいつもより感動しました。
音楽はクラシックを使っているのですが日本舞踊です。

 長年専科を勤められていた松本悠里さんの退団公演でもありますね。

 本当にトップの珠城さんの目線の使い方とか大きいし素敵でした、着物もトップさん二番手さん素敵なのですが指揮者の先生も居られず、月組全体の一致がトップさんの方にかかっている気がして、いつもより気迫がすごかったのかなと思います。

 ラストまで本当に素敵でした。
少しセリフがあってもよかったのかなと思うけど、難しいところです。

 幕間
 なぜか劇場内がとても寒くて暖房が効いているのかなと思うほどで、一部が終わったらお手洗いにすごい人が。
みなさん間に合ったのか?、大体の方が間に合ったと思うんですが、みなさんお連れさんがいらした方たちは寒い寒いと言われていました。
外気を入れすぎだったのかも?
ロビーのクリスマスツリーは素敵でしたが、これからもっと寒くなりますが、風邪をひかれる方がいないよう祈ります。


 第二部

 ピガール狂想曲、まだDVDブルーレイが販売になっていないので少しだけ。
音楽がいいですね。素敵でした、ロビーのピアノの伴奏からして素敵だと思えました。

 掛け合いのセリフとかについては後日にしようかなと。

 二番手さん三番手さんたちの駆け引きとかも扮装とかも凝ってます。

 やはり大階段でのラストですよね。

 入場の際などの音楽がなくてロビーのピアノ以外は、それがいつもより残念なことだったかな、でも生徒さんたちだけでの舞台なのによくできていたと思います。

 今度いつか暖かい季節にまた生で見てみたいなと思います。

posted by luce at 20:26| Comment(1) | 観劇 Musical レポート DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

品川Aquaリウム 2

 続きを記載することにしました。

AF72E412-85FE-409E-A926-859CC7D4AE43.jpg


 いろんな生き物がいましたが陸と海の生き物、川の生き物も暑い地域のものも。
カワウソやアザラシなどの芸を今は休んでいるとのことで残念でしたが、カワウソたちは自分たちでアピールすることができる、知能が高い生き物らしくて面白かったです。


 SPおまけ、イルカショーを一枚だけ、チケットを買って入っているのであくまでも、記録的に。

1F305915-7BEE-4CCF-9506-551DA35701AF.jpg



プリンスホテルと品川Aquaリウム

久々品川プリンスHotel、Aquaリウム、プリンスHotelは最近は横浜には行ったことが一年に一度ぐらい、Aquaリウムは何年ぶりかな?、でもどちらも、5回ぐらいはあります。
目黒川の花見が1番🌸最近かな?

CD3DEB4C-D9D8-4090-B324-F8118BBA5DE5.jpg


イルカショーしか記憶になかったんだけど、水槽綺麗でした。
音楽も綺麗でした。



DD9CF352-18A2-4A47-9177-8E0654C8FCA7.jpg

また気が向いたら記載します。

こちら方面には大学短大の違う学科の会だけどたまに私のいた学科にも、声がかかり、集まりに参加したことが。
いまできてないのかな?


posted by luce at 13:40| Comment(0) | 景色 植物 動物  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする