2020年10月27日

All for One ダルタニアンと太陽王 / Takarazuka 月組 DVD

2017年の公演のDVDです、この時期見に行きたかったんだけどいけませんで2019年になって、DVDを手にすることができました。


 珠城さんのトップで三銃士。
似合うなと、美弥るりかさんは退団されてしまいましたが、キャストがこれだけ揃っていて見応えあるわって感じです。

 本当の三銃士とちょっと違うのはルイ14世が娘役トップの愛希れいかさんで、双子の兄弟を探していること。
双子は運が悪いと言われて、行方不明になったため、王子の格好でと言う、普段の宝塚ではあり得ない娘役さんの王子役がインパクトあります。


67FB7937-0BD9-43CC-82ED-81F0AC218442.jpg


 初め違和感あるけど途中かなり早く双子の女子であることが明かされて姫であることがわかるようになっているので・・。
三銃士は続編を現代作家が描いたものもありますが、小池氏のオリジナルの後日談だそうです。

 田舎者と言われるダルタニアンが銃士隊になるまでがデュマの三銃士だけど、その後の出来事で、アトス達の後を継いで隊長になる前のダルタニアンです。
リシリューがなくなって、マザランがスペンインから王女を婚約相手によぶのがきっかけで色々と。

 ちょっと騒々しいけど、音楽がよくて歌詞がよく、歴史ものにしては暗くなりすぎず、柱と壁が落ちで笑いもあり・・。
しかしながらアトスの落ち着きと脳味噌が本当はかなめだった気がしますね。
公爵を本当に立てて挽回戦があったのかどうかは定かではないので、確かにあの本当の三銃士ではダルタニアンが銃士隊になった後またアトス達はまた・・。
イタリアの枢機卿がスペイン・ハプスブルクの出の王妃と王女を守って、フランスを思うフランスの隊士たちとと言うのは、ちょっと勧善懲悪がすぎたような気もしますが、圧政は本当だったようなので・・。

 この後、太陽王と呼ばれるルイ14世だけど、孫の代に大変なことになるのは有名で、歴史を知っていて見ているのは複雑なものですがね。

 月組、専科の懐かしい方たちも含めて、面白かったです。
退団されてしまった方たちも含めて。

  愛希さん、最近の娘役トップさんとしては続いた方・・かな・・、なかなかでしたね。
多分在団長かったので生でも何回かは、そして、多分DVDや録画でもかなり拝見してきたかなと思います。

 これからも月組はどうなっていくのかなと思います。

posted by luce at 19:57| Comment(0) | 観劇 Musical レポート DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プチおやつ 映画やドラマやの合間に

絵柄が可愛くハロウィンやクリスマスイメージ🎄でおいてあり手にしたら美味しかったので。
ポップコーンですね。


5822AA52-65FF-4BC3-B8E7-3FD5F88D1A62.jpg



コーヒータイム

夕方冷えるから自宅でコーヒーや紅茶タイムをとる日もまた出てきました。


690D2E86-CD6F-44F0-84F1-A35EEA544D56.jpg

キリマンジャロ系ですが、割に抑えられてるブレンドです。
かなり渋めで酸味もある感じ。

私はマンデリンとかショコラ入りとかグァテマラとかの方が、でもたまにはね。

カップは九谷焼、自宅にはコーヒーカップは落ち着いたものが多いんですけど今日は華やかめです。


posted by luce at 18:30| Comment(0) | 自宅でお茶&Coffee Time | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私は王である

2013年の韓国映画で少し前にレンタルし見てみました、最近は国内海外を問わず、2016年より前のものをレンタルなどすることが増えてます。

宮に出ていたチェ・ジフンの主演で、王がある日兄二人に変わり世宗に任命したけれど剣の強い兄と坊さんになった次兄に気を使って、しかも当地は無理だと逃亡、代わりに貴族の家のお嬢さんに仕えていた奴婢が偶然の成り行きで似ていたことから、影武者的に代役を努めることになりますが・・。

感想

大変だったのはどちらもだけど、結局のところ博学さが民の前で生きる本物の王子と、その人達に世直しを求められて本当にそれにふさわしい人になっていく姿が描かれています。

代わりに王子を仕方なくやった方は、字が読み書きできるようになり、大臣の圧政を知り本物に伝える役割がありました。

関わってくる民達や学者、研究者、貴族の女性に奴婢だけど利口な少女など、脇役の人たちも面白いキャラクターでした。

その歯車がうまく噛み合って、最後に一人二役の王子と奴婢が出会して、・・元の地位に戻りますが今度は民のために立ち上がる姿が最初とは違います。

西洋の王様とこじきとかが元々あるものだけど、それを韓国でアレンジした感じもしますが、オリジナリティーがいきた作品になってたと思います。


この時は四本のうち三本が映画でそのうち日本は韓国のものでした。
最近のシネコンは上映中のものは、かなりが日本のものばかりだけど、あんまり見たいものがなくて・・。

良かったと思います。

posted by luce at 17:15| Comment(0) | Movies DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする