2020年04月05日

河 / 堀田善衛

堀田善衛の ほか数冊を、もう一年四ヶ月ぐらい以上前には取り寄せていて中には一冊しか在庫がなくその一つが手元にある絶版のものも見つからなかったものもありますが、これはお風呂上がりに気分を変えたくて開いたら、ああもっと早く読めばよかったなと。

CDDBB9E9-3D4B-42CB-BAB0-825ED2A3F6A7.jpg


 やはり現代に入りますね。
でも戦中の人でだいぶん時が経ってはいます。
最初からすごいと思いました、これす名作というかテーマが・・大きいですねー。

エジプトのムルシィ、カメルーンのエコロ、日本人の私(堀田氏ご自身らしい)が父なる国フランスをエコロが歌うのを他の二人が聞くシーンから始まります。
三人は打ち解けていないんだけどもどうやら、国籍を超えて友情が築かれるらしいく?
二人が私に原爆のことを語ってくれてアフリカで知り合いになるところから・・。
 間を通る国々の人たちの感覚や観念も同時に描かれています、当時のアメリカのことまで。


89451FEA-19EB-40B7-B854-08E5F49E0BF2.jpg


 古本ならではの匂いでいいですね、少し雨に濡れた以外は日焼けとか以外は綺麗です。
こんな古本ならではの髪の匂いがするものは久しぶりです。

 18Pぐらいを8-10分ぐらい゛て読んでしまうぐらいセンセーショナルで面白いです。
遠藤周作とか後世の人が影響されている気もします、十分に。

本当に気分が変わった・・・。

posted by luce at 23:23| Comment(3) | Books 雑誌 新聞記事など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さざんかさざんか咲いた道!

おかしい天気、四月になって雪が降ったり、今日は二度目の寒波。

さざんかさざんか咲いた道
焚き火だ焚き火だ落葉焚
あーたろうかあたろーよー
北風ピューピュー吹いてきた〜!! 

これから真冬?



posted by luce at 17:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堀田善衛展・堀田一族と伏木

堀田善衛とその一族、わが故郷には、藤子不二雄、社長は浅野総一郎その他多くを輩出、でも小説家はこの人が現代から近代ではかなりでしょう。


C03123F5-2A65-4F39-A5A7-57C99BB225F8.jpg


高岡市立博物館、2館あるけれど古城公園は別の日にしようと思うほど大人の私でもなかなかに広くてびっくりします。
ここに入ったのは10年は前でしたかねー。
一昨年の秋も深まってきた頃に見たものです。

堀田家は伏木ので親戚一同にも有名な人が他の分野にもいらっしゃいます。
私は親戚ではありませんが。

東宝の映画の原作も。
あの頃中古で何冊か買ってよ見かけたものが一冊、でも完読してなかった。
あの当時の文体は漢文より私には大変なこともありますが、もう一度読んでみようかなと思います。

ついでに企画展の館の方の出口はしまっていましたが扉の前に、有名な作曲家の名前が。
その人も高岡の出身で作詞もされています、ちなみにその次の部屋にあった前田利長の兜をかぶろうの説明の広告を記載しておきます。

作曲家のこと歴史のこと、堀田氏の展示品も撮影可能でしたので、また気が向いたら多少記載します。
posted by luce at 13:23| Comment(6) | 美術館 博物館 歴史館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北陸満喫バイキング広告

769FD467-EE07-4C96-9140-2F46C4AC69CA.jpg


昨年、横浜のホテルで見かけたもの、ここには寄らなかったけれど今度あれば行って見たいかなー。
でも帰省で食べられるのが一番いいです。