2020年01月28日

知恵泉 平清盛の描いた日宋貿易など

 E テレの知恵泉、時々見るんですが今日は平家の頭、清盛。
日宋貿易の先駆者、夢は当時の上皇に阻まれましたが、すごかったと思います。
 平家物語にあるような、奢る平家などとは下っ端役人とか使えてるそれも親戚とかでさえない下っ端の役人でしょうね。
むしろ後白河上皇や源氏の風評被害でしょう。
一門は心してかかっていたはずなので。

 平家物語を古典やなんやで習ったけれど、学校の歴史や古典で知識としてまたは文法としてやるのはともかく、道徳の時間などには使わないで欲しいと思います。
それは間違った知識というか想像だから。
100パーセント平家物語を本気にしないように願います。
でもちゃんと日宋貿易のことも福原遷都のことも、私の行った学校では教えてくれました!!

 うちは平家の子孫で、嫁いで来た人たちは藤原が多く、家系譜に残る子孫なんです!
そういうことは子孫の人たちがどう思うのかも、とことん考えた授業をすべきです!!
また親御さんたちも知らないままお子さんたちに、その渡りだけ教えて例えにしないように強く願います。

 また安易に演劇やドラマや話にしないよう願います。



posted by luce at 23:28| Comment(2) | TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この世の春 上 / 宮部みゆき

AC2225BE-9121-4FE5-8A36-E283195949AD.jpg

前は同じ作家さんを続けてよんだりしましたが今は、同じ気分をひきずらないためや飽きたらまたは途中でつまらなければ次にまた読みたいのよんでますが、宮部さんの歴史物は現代ものより良い気がして、何冊かもっています。

北見藩のある組頭を頼ったのは、ここまでより中盤からの展開がなにか他の人とは違う感じ。
でもまだ馬が可愛いってかいてあるあたりまでだけど。
なんとなく韓国の時代ものに影響受けたような展開な気もしますが、いまの日本にはなかった感じです。
ただ、殿様、姫様すきな日本ではどこまで持って行けるかなとも思うけど。

若い人うけはしなさそう。




posted by luce at 18:19| Comment(0) | Books 雑誌 新聞記事など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする