2020年01月19日

蘭陵王妃 最終回まで

 とうとう来ました、蘭陵王妃最終回。
宇文よう、蘭陵王、そして怜と青龍に玄武、そしてなぜかの顔苑、で剣と玉を取り合いながら、最後の神器、青藍鏡を始皇帝が作ったという宮殿の離宮の地下に取りに来ました。
 天羅地球を開ける事にしたのはなんと青龍と一番力がないはずの顔苑。

 その人たちに渡せば統治ができなくなるどころか世界が滅びるとして、王位に関心がなかったのに怜が記憶を取り戻して態度が変わった斉の蘭陵王と、清鎖が怜だとわかっても変わらず愛し続け、統治も何もかもほおってきた周の皇帝・宇文よう。

 見て見てわかりました、途中で顔苑が亡くなります、そして、怜が用を好きだけど阿史那皇后と政略結婚しないわけにいかなかった宇文より、記憶が戻る前は冷たかったのに蘭陵王と国へ・・。
ところが、重症なうえに鄭に刺された怜は意識を失う時ようの名前を呼び続け・・。

 鏡も手に入れ強くなった蘭陵王ですが、これまで怜の記憶がない間の確執もあり、その心を知り、また青龍と周の挟み撃ちにあったことから、怜をように託して周をとりあえずなだめ、青龍との一騎打ちに。
青龍は高韋の意図を持って戦ったため、それでも蘭陵王と一騎打ちに、勝ったのだけれど怜のいない国に用は無いと剣を追った蘭陵王に、皇帝からの勅使でど服毒の命が・・。
 ここは史実通りでした・・。

 ところが、周で回復して来た怜だけど・・、蘭陵王と鄭が亡くなったと知り、宇文ようの思いを知りつつも・・、責任からまた周を抜け出してしまいました。
 このまま、宇文とこのドラマでは幸せになるのかと思いましたが・・、こちらも違っていました。

 なんと!!、蘭陵王がこちらも仮死状態で名月が墓から掘り起こし、薬で眠っていただけだと・・。
なんと、鄭まで生きていました、そして鄭は名月と結ばれて、もうただの四兄上に戻った蘭陵王は・・、なんと人質だった宇文に幼い時馬をあげたという谷で、再開・・。

 そして・・、二人は結ばれるけれど怜の首にやっと蘭陵王も知っている本人の傷跡らしいものがあり、清鎖は清鎖だと割り切って終わりました。

 感想

 まるで最終回の二回前は、ゲームみたいになってしまい時代劇な感じがしませんでした。
あれは歴史ものだと思った人たちにはちょっと違和感出るかな。
でも、宇文ようと蘭陵王の一騎打ちの見せ場でもあり、怜をめぐるあり方の違いも・・、主役の見せ場でしたね。

 色々と考えさせられました。

 しかし私は思いました、清鎖の過去が例であろうとなかろうと思った宇文よう、結局、突厥の娘などと政略婚をしてそのあと、せっかく周を統一したのに・・突厥との対決の前に、突厥の陰謀で亡くなるらしいのですが、立派でしたね。
 できる事なら想像の世界としての結末が描かれていても良かったのかなと思ったけれど、中国も史実に厳しい国みたいですね。
韓国は作品によってかなり違いますが、そこが韓国のドラマのいいところな気がします。

 むしろ、宇文ようの方が、ドラマの中では不幸だった気がします。

 しかし蘭陵王たちが生き返るのもドラマならではで、どう決着をつけてもどちらかが気の毒な設定ですが・・。
宇文ようと蘭陵王、かっこいい人と可愛い人でしたが、どちらも素敵でしたね。

 しかしこのストーリー宇文ようの活躍なくしては、つまらないですね。
初めのうちは、蘭陵王の母親に辛い目に遭わされますしね・・、特に中盤で・・。
あんなことがあっても、怜みたいには誰しもなかなか振る舞えないかもしれないとも現実は思いますが・・。

 でも、主役が眉目秀麗で、ラストは素敵でしたね。
宇文ようも素敵でした。

実は名月もなかなかでしたね。

posted by luce at 19:14| Comment(0) | Dorama's DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Especially For You / Mari Hanafusa First ALBUM

3CE28F07-F515-4A2C-8A8E-058DFC649A8D.jpg


花總さんのファーストアルバム、先日のコンサートで手に入れました。
クラシックからジャズテイストのもの、そしてポップスとフォークの融合したようなラストで、バイオリンにピアノにギターに管楽器などふんだんな伴奏で、あのキーの高さに、ブレスどこでしてるのかわからないほどのうまさと安定感で、素敵でした。

 ソリストの方達や作曲された方作詞や翻訳された方など色々でしたね。
4 you light up my lifeなど、宝塚時代はあまり聞けなかった英語の曲などもあります。

 ちょっと写真は影が強まりすぎちゃったかな?


95AA8117-A75B-40FB-B989-D4877F727527.jpg

 宝塚の娘役もとトップさん、それも花總さんのソロのCDを手にすることがあるとは、思わなかったです。
とても癒されました。
娘役さんたちにも、芝居も歌もバレエも上手い人がたくさん出られているので、こんな風に違うことして見られるのも新鮮ですね。

花總さん確か宝塚に入られる前は、バイオリンをされていたと聞いたことがありますが、中のジャケット写真でバイオリン持たれてますね。

 そういえば姿月さんのこの前買ったソロアルバムと一緒に並べましたー。

posted by luce at 13:33| Comment(4) | CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウラディミール・アシュケナージ氏 引退発表

先日、世界的ピアニスト、アシュケナージ氏の引退が日本でも発表になりニュースになりましたね。
八十歳を越されたとか、いつかは誰しもに来る事ですが、残念です。

アシュケナージ氏のアルバムはオーケストラとの共演のものも含め、何枚かあり以前のブログに出していました。
この前も一枚買った、お正月に聞こうと思い、まだ聴けていません。

出来るだけ早く聴きます。

実は一昨年、日本にコンサートにいらした、拝見できなかった、残念でした。
一昨年は他にも、クラシック歌手のIL DIVOや、セリーヌ・ディオンさんが来日されましたが、どれもいけず、それならいつかきっとヨーロッパに私がいこうとまで、考えています!

また、宝塚宙組の記念年でもありましたが、新生宙も今年の観劇になりました。


posted by luce at 10:45| Comment(0) | ニュース 社会現象など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花總さんコンサートお土産の石鹸と糖 / スポンサー試供品

FE6E75F5-7052-462B-AF1F-960284DAE190.jpg


 花總さんのコンサート、お土産が二つも。

スポンサーさんのお化粧品会社の石鹸と、そしてお料理とかに使える石垣島の糖?。
花總さん、東京の出身では?
なぜ石垣島の?、と思ったんですけどね・・謎でしたが、お料理に私も使ってみようかな?

 石鹸ありがたかったです、ちょうど切れてきたところです。



posted by luce at 00:06| Comment(0) | Goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする