2020年01月18日

オーチャードホール休憩、終演後

7A508413-280E-4919-90C9-98A2D6EC0715.jpg


順番が逆だけど、花總さんのコンサートの終演後が上、イルミネーションが綺麗でした。

そして、下が休憩の時に、スポンサーさんのポスターにあった写真が可愛かったので。
いいご年齢ですが、娘役さんらしいですね。

花總さんキーが年齢を経ても下がらないのがすごいです。



花總まり プレミアム・シンフォニック・コンサート 愛に生きた女王を綴る /指揮・角田鋼亮 / 東京交響楽団 1/19 10:00追記編集

514B7F4E-64BD-490A-A291-3232DB82D641.jpg



花總まりさん、もと宝塚娘役トップ、雪の後、専科をへて宙の娘役トップへ。
退団後はミュージカルとかもされましたけれど、宙に行かれた後からの作品は姿月さんが退団されたのちは、生であんまり拝見しませんでした。
でも最近また何故かエリザベートをされるにあたり、あの頃が懐かしくてか歌声を聞きたくて、そしたら東宝で、また本当にエリザベートに復帰されるし、でもエリザベート以外のこともしてほしいなと思って誰かに話したけれど、まさかその後コンサートをオーケストラとされるとは思わなかったので、雪組で生で観劇をして以来、もう一度退団後に拝見することがあるとは思わなくて、嬉しかったし感動しました。

構成は一部は、バイオリンの古澤巌さんとオケの演奏から始まり、着物姿であかねさす紫の花(万葉をテーマにした雪組時代の作品)からお正月らしく始まって、オーケストラの曲や曲中に歴史の宝塚で演じられた、または東宝で先輩が演じられた作品からも選ばれていて、シェヘラザードとか、カラフとトゥーランドットとか、合間に威風堂々などの曲を挟み、一部が終わります。
花總さん、一部は最初と最後ぐらいしかうたわれず、あとはずっと解説というかナレーションで歴史を語られる感じでした。

B337D019-6C0C-4E8C-8983-B5E07A4665FB.jpg


休憩を20分挟んで、二部はなんとエカテリーナから・・花總さんは演じられていませんが、この曲好きだなー。
今回の選曲では唯一アップテンポだったかな、花總さんファントムとかは当たらなかったので、ああいうのがあるともう少しアップテンポな曲もありますけどね。
そしてマリー・アントワネットですね、こちら私は花總さんのコンサートの本文になんですけど、涼風真世さんで東宝で拝見しました、こちらも懐かしかったですね。

そして十八番のエリザベートです。
うたわれたのは「私だけに」ではありませんでした、フランツとの「夜のボート」です。
ソプラノパートだけ聞くと、また別の感慨があります、編曲もドラマティックでした。
ピアニストの塩谷哲さんが歌も歌われましたね、ピアニストには弾き語りのコンサートをされる方もいらっしゃいますが、その方式を取り入れた感じでした。

他にはトートに今こそ自由になれる、と誘われる歌詞に、嫌よ逃げないわ、諦めるには早すぎる、生きてさえいれば!と歌い上げるシーンも好きでした、この曲にはまだ後のリメイク版で別の歌詞がつきませんでしたか?、そちらもさらに好きです。

しかしながらウィーン版翻訳では意味がかわるため、当時家族から直訳歌詞全訳をもらいました。
まだとってあります、確かに意味が違う、宙エリザベートのあと、ウィーン版エリザベートガラコンサートも参加しました。
確かにまだ何かドイツやウィーンと日本版は違いますが、宝塚は日本人が受け入れやすい歌詞になっています。

まあエリザベートの曲を全て聞いた際に、宝塚では花總さんが最初のエリザベートで大変だったと思います。
雪の初演はビデオで拝見し、星組の白城さんで生を拝見したんですけども、花總さんやはり最初の人なので。
初演から随分と月日が経ちましたね。
本当に、感極まり、感慨も深かったです!

今の方が初演より、人生観や深みがある歌になっていると思います・・。

花總さんほど歌える人を娘役だからと、うもらせておくのはもったいないと思ったら、オーチャードホールは満席でした( ^∀^)
年配のファンの方が多いですね、びっくりしましたー。
まあ私も若いとはもう言えないですが、親世代やその次の世代ほどではないですね。
私、花總さんより年下でございます。

オーケストラ、やはり毎回やっている宝塚のオーケストラの方が転調や、そして変拍子に慣れているのかな、劇で言えばエリザベートの最後のフィナーレの階段のシーンになるあたりが、ちょっとずれたかなー、でもシェヘラザードが素晴らしかったと思います。
シェヘラザードの終わり方綺麗でした。

そして最後にオーケストラの演奏を挟み、花總さんのオリジナルの曲を歌われましたね。
大阪が二月、名古屋が三月?、名古屋が見られる人たちがいいなーと思うんですけど、東京が最初でした。
NHKの収録が入っていたみたいで、帰りに一階ロビーのドアから、カメラマンの方達がいらっしゃるのが見えましたねー。
テレビで入るのかな?

ちなみに、娘役トップさんとしては花總さんから後輩の皆さんでは、同時期トップの檀れいさん、夢咲ねねさん、白羽ゆりさんなども好きでしたねー。
でも先輩にも後輩にも、お芝居や歌が上手い人も沢山いらっしゃいますが、二組兼任された方は、花總さんと檀さんだけですかねー・・、でも娘役さんたちの声の高さって、男役さんにはないのでまた別に活躍して綺麗な歌が聞けたらなって思います。

もう少し娘役さんたちの歌も、退団されても、聞けるといいなと思います。


posted by luce at 23:35| Comment(0) | Concert レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

開演前のティータイム 渋谷・文化村にて 

B25C7895-5F35-4BD7-8FC4-85399530B3BA.jpg


昨夜、金曜の夜、花總まりさん(宝塚歌劇団・元・雪&宙・娘役トップ)のソロ・クラシック・コンサートに行ってきました。
渋谷、文化村のレストランで、開演前に紅茶を飲みました。
昨日は、今日は関東にも雪の予報が出る前の曇天で、夕方からはかなり時雨れて夜帰宅する頃は雨でしたが、雪国出身でそのような天気の方がむしろ調子が出るのか、まあまあ好調でした。

 でも平日ですし成人の日で大体の人がお正月お休みで、レストランで待ち合わせしたものの、あまりゆっくりとはできませんでした。
メニューが減っていて好きなメニューが時間がいると言われ、パスタに30分もかかるのかと粘りましたが店員さんに押し切られてしまって、嫌いで以前は食べられなかったメニューを仕方なく頼むことになり、ところが、これが意外なことに良かったんです。
 待ち合わせ相手が仕事の後で難しい感じだったのに、私の話を聞いて吹き出して、その言い方がおかしい、昔嫌いだったのが本当に伝わるし思い出したって、吹き出して気分が和らいだ、こんなことあるのだなと思って、笑い話に。

 その時間がむしろ良かったみたいです。